『DataRobotのAuto MLを使って、簡単にデータxAI活用!
『DataRobotのAuto MLを使って、簡単にデータxAI活用!
When you participate, When you participate, we will assume that you have agreed to the terms of use
Require logged in for participate.
Participating Users
y_umemakotookamuraDreamwalkerserinuntiusseri114shuheilocalepepper_hakataHilary02alpine_yuuusukekoma6scygOctoparse_Japanmickamyorfeontfukumorikatsunorymiso_takuyshr10icgesogesokkkodai0829takavfxuenonuenondaikikatsuragawaumechanhikaNKGWMjunojumosamosaRinga_hyjnagayamacho3kanemall666Faguriyokubarisanyuyushiotomo27sksk_gokewpie134134MANDARA555TensaiFlowsatolabhayataka0123okita_kamegoro
open
2020/06/15 - 2020/07/15
『DataRobotのAuto MLを使って、簡単にデータxAI活用!
When you participate, When you participate, we will assume that you have agreed to the terms of use

はじめに

Qiita夏祭りではデータサイエンティストの方はもちろん、機械学習に興味のあるエンジニアの方にDataRobotを知っていただきたく参加しました。

7/1よりDataRobotのAuto ML無料トライアル もリリースされました!ぜひイベントに参加いただき、リモートワークを快適にしてくれる豪華プレゼントをゲットしてください。

DataRobotは、これまでデータサイエンティストやAIエンジニアでなくては難しかった機械学習を使った予測モデルの生成を、コーディングを全くせずに自動化してくれるAuto ML製品です!
DataRobotを使うことで、技術的な障壁をすっ飛ばして様々な用途にAIをかんたんに活用できるようになります。

Qiita夏祭り2020 オンラインTOPページはこちら
本テーマで投稿された記事の一覧はこちら: 「Qiita夏祭り2020_DataRobot」記事一覧

テーマ

テーマ1

  • 『機械学習を使って、データから予測モデルを作って使おう!』
    • 期間:6/15~6/30

テーマ2

  • 『DataRobotのAuto MLを使って、簡単にデータxAI活用!』
    • 期間:7/1~7/15

概要

DataRobotは今回のQiita夏祭りで、機械学習の活用事例コンテンツ作成を支援します。
まず前半のテーマはDataRobotは使わず、PythonやRなど既存の手法でチャレンジしてください。ぜひ今までになかったような面白い活用方法にチャレンジしてください。また、機械学習の利用に役立つ知識のまとめなどもウェルカムです!

後半のテーマは前半と同じ内容もしくは新しい内容で、今度はDataRobotを使った面白いデータ活用にチャレンジし、どのようにDataRobotを使ったのか投稿してください。あまり知られてない機能の紹介などもウェルカムです!
ぜひ、様々なデータを使ってみてください。ご自分でデータを持っていない方も、DataRobotの中にもサンプルデータがありますし、こことか、ここからも機械学習で使える面白いデータセットが見つかるかもしれませんので、「使ってみた」的な記事でもご参加ご検討ください!

DataRobot AI Platform 無料トライアルの登録はこちら

こんな人におすすめ

  • 機械学習の活用に興味がある、もしくはすでに始めている方
  • Auto MLが機械学習の利用をどのように変えていくのかに興味がある方
  • 現在データに関わることをしていて、どうしたら更にデータを活用できるのか知りたい方

参考記事

参加方法・流れ

テーマ1『機械学習を使って、データから予測モデルを作って使おう!』

  1. 本ページ左側の「参加する」ボタンをクリック
  2. 期間中(6/15〜6/30)に 「Qiita夏祭り2020_DataRobot」 の記事タグをつけて、テーマに合わせた記事を投稿
  3. LGTM数上位3記事執筆者より、DataRobotのデータサイエンティストが独自の基準でプレゼント対象者を決定
  4. Qiita運営チームより、2020/7/22(水)にライブ配信でプレゼント対象者を発表
  5. Qiita運営チームよりプレゼント対象者に連絡、発送(7月末予定)

※ライブ配信へのご参加は、こちらよりお申し込みください。

テーマ2『DataRobotのAuto MLを使って、簡単にデータxAI活用!』

本テーマにご参加される方のためのDataRobotの利用方法は7/1に公開されます!

  1. 本ページ左側の「参加する」ボタンをクリック
  2. DataRobot AI Platform 無料トライアルに登録、利用
  3. 期間中(7/1〜7/15)に 「Qiita夏祭り2020_DataRobot」「DataRobot」「AutoML」 の記事タグをつけて、テーマに合わせた記事を投稿
  4. LGTM数上位3記事執筆者より、DataRobotのデータサイエンティストが独自の基準でプレゼント対象者を決定
  5. Qiita運営チームより、2020/7/22(水)にライブ配信でプレゼント対象者を発表
  6. Qiita運営チームよりプレゼント対象者に連絡、発送(7月末予定)

※イベントの流れについて、一部、変更になる可能性がございます

記事投稿ルール

プレゼント選出対象は以下のルールに沿って投稿される記事となります。

  • 本ページの「参加する」ボタンをクリックしていること
  • テーマ1:「Qiita夏祭り2020_DataRobot」タグを設定すること
  • テーマ2:「Qiita夏祭り2020_DataRobot」「DataRobot」「AutoML」タグを設定すること
  • テーマ1は 6/15~6/30 , テーマ2は 7/1~7/15 に投稿された記事であること

注意事項

・ひとつの記事が複数の賞を獲得する可能性があります。
・テーマ1 , テーマ2 の投稿期間は異なりますので、期間外に投稿された記事はプレゼントの対象となりません。

プレゼントと選定基準

投稿された記事の中でLGTM数上位3位までの記事執筆者の中から、DataRobot様データサイエンティストチームのみなさんの投票で決定いたします。

テーマ1『機械学習を使って、データから予測モデルを作って使おう!』

51eI2i+OelL._AC_SL1200_.jpg
Monkey Banana モンキーバナナ(Amazonより引用)

テーマ2『DataRobotのAuto MLを使って、簡単にデータxAI活用!』

61qO7FjmqeL._AC_SL1500_.jpg
SAMSUNG C49HG90 49インチ モニター(Amazonより引用)

Participating Users
y_umemakotookamuraDreamwalkerserinuntiusseri114shuheilocalepepper_hakataHilary02alpine_yuuusukekoma6scygOctoparse_Japanmickamyorfeontfukumorikatsunorymiso_takuyshr10icgesogesokkkodai0829takavfxuenonuenondaikikatsuragawaumechanhikaNKGWMjunojumosamosaRinga_hyjnagayamacho3kanemall666Faguriyokubarisanyuyushiotomo27sksk_gokewpie134134MANDARA555TensaiFlowsatolabhayataka0123okita_kamegoro
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした