Help us understand the problem. What is going on with this article?

さくらVPSでCentOS7 4.Apache・PHPインストール

はじめに

自由にテスト出来るLinuxのサーバーがほしくて、さくらVPSで構築してみました。
順次手順をアップしていく予定です。

前回、CentOS7をインストールし、鍵認証を使ってログインできるように設定しました。
ApacheとPHPをインストールします。

目次

  1. 申し込み
  2. CentOS7インストール
  3. SSH接続
  4. Apache・PHPインストール
  5. MariaDBインストール
  6. FTP接続
  7. sftp接続
  8. phpMyAdminインストール
  9. 環境のバックアップ
  10. Ruby On Railsインストール
  11. RailsプロジェクトをGitで共同開発

4.Apache・PHPインストール

前回作成した作業用一般ユーザーでログインして作業します。

Apache

  • インストール

    $ sudo yum -y install httpd
    
  • バージョン確認

    $ httpd -v
    Server version: Apache/2.4.6 (CentOS)
    Server built:   Oct 19 2017 20:39:16
    
  • 起動

    • 自動起動設定

      OS再起動時に自動的に起動するように設定します。

      $ sudo systemctl enable httpd.service
      
    • 起動

      $ sudo systemctl start httpd.service
      
    • ファイアウォール

      起動しているか確認します。

      sudo firewall-cmd --state
      running
      

      有効なプロトコルを確認

      $ sudo firewall-cmd --list-services
      dhcpv6-client ssh
      

      httpを有効にし、プロトコル確認

      $ sudo firewall-cmd --add-service=http
      success
      $ sudo firewall-cmd --list-services
      dhcpv6-client ssh http
      

      OSを再起動しても設定されるようにする

      $ sudo firewall-cmd --add-service=http --permanent
      success
      
    • 起動確認

      ブラウザを起動し、サーバーのIPアドレス又はURLを指定します。


  • ドキュメントルート

    Webコンテンツは複数のユーザが操作出来るように、グループに対して書き込み等の許可を与えるようにしておきます。

    • グループ作成

      「webadmin」というグループを作成します。

      $ sudo groupadd webadmin
      
    • グループにユーザを追加

      作業用一般ユーザ「sakura」をグループに追加。

      $ sudo usermod -a -G webadmin sakura
      
    • 確認

      「sakura」の所属グループを確認

      $ groups sakura
      sakura : sakura wheel webadmin
      

      「webadmin」グループに所属するユーザを確認

      $ getent group webadmin
      webadmin:x:1001:sakura
      
    • サイトディレクトリのオーナーシップを変更

      Webサイトディレクトリのオーナーをrootとwebadminに設定

      $ sudo chown root:webadmin /var/www/html/
      $ sudo chown root:webadmin /var/www/cgi-bin/    
      
    • サイトディレクトリのパーミッション変更

      $ sudo chmod 2775 /var/www/html/ -R
      $ sudo chmod 2775 /var/www/cgi-bin/ -R
      
    • 一般ユーザ「sakura」のサイトへの書き込みテスト

      グループ所属の設定を有効にするため、一度ログアウトし再接続します。

      $ exit
      

      再接続後、test.html書き込み

      $ echo "webadmin書き込みテスト" > /var/www/html/test.html
      

      ブラウザで確認

PHPインストール

  • Yumリポジトリを追加

    • EPELリポジトリ追加

      $ sudo yum install epel-release
      読み込んだプラグイン:fastestmirror, langpacks
      base                                                     | 3.6 kB     00:00
      epel/x86_64/metalink                                     | 7.5 kB     00:00
      extras                                                   | 3.4 kB     00:00
      mariadb-main                                             | 2.9 kB     00:00
      mariadb-maxscale                                         | 2.4 kB     00:00
      mariadb-tools                                            | 2.9 kB     00:00
      remi-safe                                                | 2.9 kB     00:00
      updates                                                  | 3.4 kB     00:00
      remi-safe/primary_db                                       | 1.2 MB   00:01
      Loading mirror speeds from cached hostfile
      * base: ftp.riken.jp
      * epel: mirror.dmmlabs.jp
      * extras: ftp.riken.jp
      * remi-safe: mirrors.tuna.tsinghua.edu.cn
      * updates: ftp.riken.jp
      パッケージ epel-release-7-11.noarch はインストール済みか最新バージョンです
      何もしません
      

      又は

      $ sudo rpm -Uvh https://dl.fedoraproject.org/pub/epel/epel-release-latest-7.noarch.rpm
      https://dl.fedoraproject.org/pub/epel/epel-release-latest-7.noarch.rpm を取得中
      準備しています...              ################################# [100%]
      パッケージ epel-release-7-11.noarch は既にインストールされています。
      

      EPELは既に入っているようです。

    • Remiリポジトリ追加

      $ sudo rpm -Uvh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-7.rpm
      Retrieving http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-7.rpm
      warning: /var/tmp/rpm-tmp.y8mLR1: Header V4 DSA/SHA1 Signature, key ID 00f97f56: NOKEY
      Preparing...                          ################################# [100%]
      Updating / installing...
      1:remi-release-7.4-2.el7.remi      ################################# [100%]
      


  • インストール

    PHP5.6をインストール

    $ sudo yum install --enablerepo=remi,remi-php56 php php-devel php-mbstring php-pdo php-gd php-xml php-mcrypt
    

    PHP7.0をインストールする場合は、rem-php56をrem-php70に、PHP7.1の場合はrem-php71にしてください。

  • バージョン確認

    $ php -v
    PHP 5.6.35 (cli) (built: Mar 29 2018 07:28:25)
    Copyright (c) 1997-2016 The PHP Group
    Zend Engine v2.6.0, Copyright (c) 1998-2016 Zend Technologies
    
  • httpd再起動

    $ sudo systemctl restart httpd.service
    
  • PHP動作確認

    phpファイル作成

    $ echo "<?php phpinfo(); ?>" > /var/www/html/phptest.php
    

    ブラウザを起動して確認

次回

次回はデータベース「MariaDB」をインストールします。

前回:SSH接続
次回:MariaDBインストール

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away