Help us understand the problem. What is going on with this article?

【GitLab】SSH認証キー(公開鍵)を登録する

More than 1 year has passed since last update.

SSH認証

GitLab」では「SSH認証キー(公開鍵)」を登録すれば、「SSH認証」が可能となる。

「パスワード認証」と比べると、本記事の通り事前準備が必要となるのでやや大変ではあるのだが、「SSH認証」は「GitLab」に登録した「公開鍵」と対になる「秘密鍵」を持っているユーザのみがアクセスできるという方式で、より安全な認証ができるので、私は「SSH認証」をお勧めしたい。

一度「SSH認証キー(公開鍵)」を登録してしまえば、後々の運用が楽だというのも理由にある。

cutboss_m.png

SSH認証キーを作成する

SSH認証キー」をまだ持っていない場合は、まずは「SSH認証キー」の作成からはじめよう。

「SSH認証キー」は、全部で、

  • SSH秘密鍵   (->「GitLab」のSSH接続に必要)
  • SSH公開鍵   (->「GitLab」のSSH認証登録に必要)
  • OpenSSHキー (->「GitLab」とのSSH接続テストに必要)

の三鍵を作成しておこう。

SSH認証キー(公開鍵)を登録する

「SSH認証キー(公開鍵)」が用意できたら、「GitLab」に登録する。

トップ画面右上のメニューから、「Settings」を選択する。

01.png

User Settings」画面左端のメニューから「SSH Keys」を選択すると、以下の「SSH認証キー登録」画面が表示される。

02.png

用意した「SSH認証キー(公開鍵)」をテキストエディタ(秀丸エディタ)などで開き、中身を全てコピーして、以下のように、「Key」領域に全てペーストする。

Title」は何でもいいのだが、用意した「SSH認証キー(公開鍵)」と同じ名前を設定しておくのが分かり易いだろう。

09.png

Add key」ボタン(緑)をクリックして以下が表示されれば、「SSH認証キー(公開鍵)」の登録は完了だ。

10.png

以上で、「GitLab」での「SSH認証」が可能となった。

cutboss_m.png

SSH接続をテストする

  • ちゃんと「SSH認証キー(公開鍵)」が登録されているのか?
  • ちゃんとSSH接続できるのか?

念の為、「GitLab」に対してSSH接続をテストしておいた方がいいだろう。

SSH接続でクローンする

では、「SSH接続」を用いてクローンしてみよう。

「SSH接続」用の「リポジトリURL」は、クローン対象のプロジェクト画面で確認できる。

以下の例だと、「git@gitlab.com:suneo/tobi.git」をコピーしておく。

04.png

Gitクライアントに「TortoiseGit」を使っている場合は、以下のようにコンテキストメニューから「Git クローン(複製)...」を選択する。

03.png

URL:」欄にコピーしておいた「リポジトリURL」をペーストし、「ディレクトリ」欄はクローン先のディレクトリを入力する。

Putty 認証キーのロード」にチェックを入れて、「秘密鍵(*.ppk)」の保存先パスを設定する。

01.png

OK」ボタンをクリックすると、クローンがはじまる。

以下の画面が表示されれば、成功だ。

02.png

関連記事

参考記事

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away