Help us understand the problem. What is going on with this article?

SSH認証キーをGitLabに登録・設定手順 覚書

More than 3 years have passed since last update.

SSH認証キーをGitLabに登録・設定手順 覚書

バージョン:7.13.5の方はこちらの記事になります。

SSH認証キーをGitLabに登録・設定手順 覚書(バージョン:7.13.5)

Git・Gitlabを案件で使う頻度が多くなってきたので、整理していきたい思いましたので、設定手順をまとめていきます。

SSH認証キーをGitlabに登録するまでの手順をざっくりまとめました。

随時、更新していきたいと思います。

SSH認証の公開鍵と秘密鍵を作成

ターミナルでssh keyを作成

* アドレス@example.comの部分に自分のメアドを登録
* 途中でパスフレーズ(passphrase)を求められますが、Enterを押すだけ

ターミナルでSSH Keyを作成するコマンド

cd ~/.ssh
ssh-keygen -t rsa -C アドレス@example.com
Generating public/private rsa key pair.
Enter file in which to save the key (/home/.ssh/id_rsa):    ← なにも入力せずに[Enter]
Enter passphrase (empty for no passphrase):    ← 好きなパスワードを入力
Enter same passphrase again:        ← 確認のためにもう一度入力
Your identification has been saved in /home/.ssh/id_rsa.
Your public key has been saved in /home/.ssh/id_rsa.pub.
The key fingerprint is:
e8:ae:60:8f:38:c2:98:1d:6d:84:60:8c:9e:dd:47:81 foo@hoge.com

鍵の生成が完了したら2つのファイルが生成

id_rsa: 秘密鍵、他人には見られないようにする
id_rsa.pub: 公開鍵、Bitbucket/GitHub/GitLabに渡す

※ 秘密の鍵のセキュリティを強化するために以下のコマンドを実行

コマンド

chmod 600 id_rsa

クライアント側へのSSHキーの設定

鍵の管理を簡単にするために、~/.ssh/configに設定を追加

vim ~/.ssh/config

~/.ssh/configのファイル以下を追加

Host gitlab.example.com
  User git
  Port 指定のポート番号
  HostName gitlab.example.com
  TCPKeepAlive yes
  identitiesonly yes
  identityFile ~/.ssh/id_rsa  →key(id_rsa)秘密鍵までのパスを記述

GitLabへ公開鍵の登録

  1. 右上のアイコンをクリック
  2. Edit Profile settingをクリック
  3. SSH Keysをクリック

gitlab01.jpg

フォームのTitleにssh keyの名前をセットして、ターミナルで以下のコマンドを実行。

※タイトルは任意

pbcopy < ~/.ssh/id_rsa.pub

クリップボードにsshキーの中身がコピーされます。

gitlab02.jpg

コマンドでクリップボードに保存したKeyをKey入力枠へペースト

Add Keyを押して、GitLabへの登録は完了になります。

参考サイト

SSH認証キーをBitbucket/GitHubに設定しよう! [Mac簡単手順]

次は、SourceTreeの設定順をまとめたいと思います。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした