Help us understand the problem. What is going on with this article?

PowerVS IBM i 日記(29): SNDPTFORD で PTF が *SAVF ではなく *IMAGE で配布される

SNDPTFORD で PTF が *SAVF ではなく *IMAGE で配布される

2020/11/20 更新
7.4 特有の「SE72128 - OSP-OTHER-UNPRED SNDPTFORD *CUMPKG ALWAYS DOWNLOAD FULL IMAGE」の問題でした。

https://www.ibm.com/support/pages/node/1405761

PTF SI71060 で修正されます。
適用後、デフォルトの DLVRYFMT(*SAVF) で 5250 を占有して、*SAVF で配布されるようになりました。

https://www.ibm.com/support/pages/ptf/SI71060
-- 更新 終了 --

以前「PTF をオーダーして適用する」で IBM i の PTF を SNDPTFORD で入手しました。
その時は、受信中 SNDPTFORD が 5250 画面を占有し、PTF は *SAVF の形式で届きました。

今回、東京 04 の IBM i 7.4 で同じことをしてみたところ、*SAVF ではなく *IMAGE で配布されました。

DLVRYFMT(*SAVF) を明示指定しても *IMAGE で配布

本来、配布形式は、SNDPTFORD の DLVRYFMT パラメーターで決まります。

image.png

デフォルト値が「*SAVF」なので、動作に意味はないはずですが、念のため「DLVRYFMT(*SAVF)」を明示します。

SNDPTFORD PTFID((*CUMPKG)) DLVRYFMT(*SAVF)

*SAVF で配布され、受信中 SNDPTFORD が 5250 画面を占有されることを期待しましたが、すぐにコマンド入力に戻りました。

ジョブログはこうです。

3 > SNDPTFORD PTFID((*CUMPKG)) DLVRYFMT(*SAVF)        
     レコードが見つからない。                         
     データ変換に置換文字が使用された可能性があります。
     データ変換に置換文字が使用された可能性があります。
     データ変換に置換文字が使用された可能性があります。
     データ変換に置換文字が使用された可能性があります。                    
     データ変換に置換文字が使用された可能性があります。                    
     データ変換に置換文字が使用された可能性があります。                    
     データ変換に置換文字が使用された可能性があります。                    
     データ変換に置換文字が使用された可能性があります。                    
     オブジェクト QESE077614 タイプ *DTAQ がライブラリー QGPL に作成された 
    PTF 発注 2032337021 の送信中。                                         
     光ディスク・イメージがダウンロード用に作成されます。                  
    PTF 発注が完了した。 PTF 発注 ID 番号は H65903294 です。               
    QGPL のタイプ *DTAQ のオブジェクト QESE077614 が削除された。           

「レコードが見つからない。」は「連絡先情報の変更(CHGCNTINF)」を行っていないためです。無視できます。
「データ変換に置換文字が使用された可能性があります。」も 1次言語 2924 に対してジョブの CCSID に 1399 を指定しているためのもので無視できます。

注目は DLVRYFMT(*SAVF) を指定したのに「光ディスク・イメージがダウンロード用に作成されます。」になり、すぐに「PTF 発注が完了した。」になったことです

「CPC8C10: 光ディスク・イメージがダウンロード用に作成されます。」の詳細はこうです。

image.png

WRKPRB で確認すると「PTF 発注 2032337021 の送信中。」に対応した「問題 ID」の状況が「SENT」になっています。

WRKPRB

image.png

ダウンロードが完了すると状況は「ANSWERED」になります。

image.png

メッセージとは違い、QSERVICE には何もメッセージがありませんでした。

DSPMSG MSGQ(QSERVICE)

image.png

保管先は「IMGDIR」パラメーターで指定します。

image.png

「*DFT」の場合「/QIBM/UserData/OS/Service/ECS」の「PTF」ディレクトリーに保管されます。

WRKLNK '/QIBM/UserData/OS/Service/ECS/PTF/*' 

「問題 ID」と同じ番号のサブディレクトリーが作成されています。

image.png

テキストと PTF のイメージが保管されていました。

image.png

適用はイメージカタログから

イメージカタログを作成します。

CRTIMGCLG IMGCLG(CUM0303740) DIR('/QIBM/UserData/OS/Service/ECS/PTF/2032337021') CRTDIR(*NO) ADDVRTVOL(*DIR)

仮想光装置が無ければ作成し、イメージカタログをロードします。

CRTDEVOPT DEVD(OPTVRT01) RSRCNAME(*VRT) 
VRYCFG CFGOBJ(OPTVRT01) CFGTYPE(*DEV) STATUS(*ON)
LODIMGCLG IMGCLG(CUM0303740) DEV(OPTVRT01)

「GO PTF」から「8. プログラム一時修正パッケージの導入」を選びます。

GO PTF

image.png

ロードした仮想光装置から適用します。

image.png

今回の環境が制限状態ではないので、確認が求められました。

image.png

PTF のロード・適用が開始されました。

image.png

SNDPTFORD の *IMAGE 配布の資料

SNDPTFORD の *IMAGE 配布に関しては下記の資料が IBM から提供されていました。

補足

配布形式がどのように決まるのか、データセンターによるのか、ブートイメージの新しさによるのか、それとも PowerVS 全体で変わったのかの検証はできていません。

とりあえず *IMAGE で配布されても、あわてないで対応しましょう。

5250 画面を占有しないように、どの環境でも「DLVRYFMT(*IMAGE)」を明示指定しても、いいかもしれません。
*IMAGE ならダウンロードした PTF の別のシステムへの転用が容易、利用後の削除が分かりやすいというメリットもあります。


当日記のIndexはこちらです。


許可の無い転載を禁じます。
この記事は筆者の個人的な責任で無保証で提供しています。
当記事に関してIBMやビジネスパートナーに問い合わせることは、固くお断りします。

6onoda
このサイトにおける掲載内容はあくまで私自身の見解であり、必ずしも私の所属団体・企業における立場、戦略、意見を代表するものではありません。 記載内容に関し団体・企業へのお問い合わせは、ご遠慮ください。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away