Help us understand the problem. What is going on with this article?

IBM Cloud 簡単操作ドリル (2019年夏)

知り合いが IBM Cloud の入門講座 をやるらしいので、便乗して簡単操作ドリル的なコンテンツを作成してみました。

お題を幾つか用意したので、IBM Cloud 上でそれを実施してみて、答え合わせする、それだけの単純なドリルです。IBM Cloud 初心者の方、もしよろしかったらチャレンジしてみてください。

※ 更新されたこちらをご利用ください -> IBM Cloud 簡単操作ドリル (2020年冬)

問題

Q1. IBM Cloud にログインしてみる (★)

IBM Cloud アカウントはお持ちでしょうか?まずは IBM Cloud にログインしてみてください。

答えは こちら

Q2. 自分のアカウント情報を確認してみる (★)

お持ちのアカウントは無料のライトアカウントでしょうか、それとも従量課金(PAYG)アカウントでしょうか?IBM Cloud へログインした後、自分のアカウント情報を確認してみましょう!

答えは こちら

Q3. 使用しているリソースを確認してみる (★)

IBM Cloud を使い始めたばかりの場合、使用しているリソースはまだ無いはずです。以前に使用していたアカウントであれば、昔に作成したものが残っているかもしれませんね。

いま使用中のリソースを確認してみましょう。

答えは こちら

Q4. SDK for Node.js サービスを作成してみる (★)

IBM Cloud のカタログから SDK for Node.js サービスを探して、作成してみてください。作成したサービスに Web ブラウザでアクセスし、Hello World 的な Web ページが表示できれば完了です。ライトプランを選択してください。

答えは こちら

Q5. SDK for Node.js サービスのログを確認してみる (★★)

クラウド環境で起動したサービスって、手軽なのは良いのですが、動いている様子がよくわからないですよね?さきほど作成した SDK for Node.js サービスのログを眺めて、起動の様子を確認してみましょう。

【ヒント】(★★) が指定されている問題は少し難しいので、飛ばしてもokです

答えは こちら

Q6. 翻訳サービスを作成してみる (★)

IBM Watson には、翻訳サービスを提供する Language Translator があります。IBM Cloud のカタログから Language Translator サービスを探して、作成してみてください。ライトプランを選択してください。

答えは こちら

Q7. 翻訳サービスのAPI鍵を入手する (★)

翻訳サービスを利用するには API鍵URL という2つの情報が必要です。これらの情報を入手してみてください。

答えは こちら

Q8. 翻訳サービスを試してみる (★★)

入力したAPI鍵などの情報を実際に使ってみましょう。翻訳サービスのマニュアル Language Translator API Document を参考にして、curl コマンドなどで翻訳サービスを呼び出してみてください。

答えは こちら

Q9. 作成した2つのサービスを接続してみる (★★)

今回作成した SDK for Node.js サービスはアプリケーションの実行環境で、Language Translator サービスは翻訳機能を提供するサービス(API)です。前者から後者を利用できるよう、これらのサービスを IBM Cloud 上で接続してみてください。

答えは こちら

Q10. 翻訳サービスを削除する (★)

必要になったらすぐ作成、不要になったらすぐ削除、この手軽さがクラウド環境の魅力のひとつですね。さきほど作成した翻訳サービスを削除してみましょう。

【ヒント】ライトプランは利用が無料なので、もう少し試したい場合は、いま急いで削除しなくても大丈夫です
【ヒント】ライトアカウントの方は一ヶ月の間利用が無いと、自動的にサービスが停止されます
【参考】個人的にテストした 範囲では、従量課金でもメモリ512MB以下のアプリ1つだけでは、課金対象にならないようです。ご参考までに。

答えは こちら

Q11. SDK for Node.jsサービスを削除する (★)

SDK for Node.js サービスも削除してみましょう。

答えは こちら

Q12. プロフィール写真を設定してみる (★)

メニューの右端に人型のアイコンが表示されていますが、ここに自分の好きな画像を設定することができます。さっそく変更してみましょう。
image.png

答えは こちら

Q13. IBM Cloud からログアウトする (★)

使い終わったら、きちんと終了させましょう。IBM Cloud からログアウトしてください。

答えは こちら

回答

A1

IBM Cloud へのログインするには以下のサイトにアクセスし、IBM ID とパスワードを入力します。

まだ IBM Cloud のアカウントをお持ちでない場合には、以下の3分間ビデオを参照してみてください。

A2

IBM Cloud にログインした状態で、右上の [管理] メニューにある [アカウント] をクリック。
image.png
左側のメニューで [アカウント設定] をクリックし、[アカウント・タイプ] の欄でアカウントの種類を確認できます。
image.png
重量課金(PAYG)アカウントは規定の範囲内での利用では費用はかかりません。ライトアカウントより多くのサービスが利用でき、また無料でできる範囲も広がりますので、アカウントのアップグレードをぜひご検討ください。

以下の3分間ビデオも参照してみてください。

A3

左上の [IBM Cloud] をクリックして「ダッシュボード」に移動し、「リソースの要約」欄にある [リソースの表示] をクリック。
image.png
表示された「リソース・リスト」で使用しているリソースが無いことを確認します。
image.png

A4

[カタログ] をクリックして開き、[コンピュート] カテゴリにある [SDK for Node.js] をクリック。
image.png
「Cloud Fundry アプリの作成」が開いたら、「アプリ名」を入力し、ライトプランにチェックが入っていることを確認したうえで、メモリ容量「256 MB」を選択してから [作成] ボタンをクリックします。
image.png
なおアカウントをアップグレード済みの場合には、ライトプランのかわりに「デフォルト」プランを選択して [作成] ボタンをクリックします。
image.png
【ヒント】ライトプランと比べてお金がかかりそうでギョっとしますが、よく読むと実際には よりお得なサービス であることがわかります。特に今回のドリルは最終的にアプリを削除しますので、怖がらず [作成] してみてください。

この時、「アプリ名」は他と異なる、ユニークな名前を設定する必要があります。よくある名前を指定して、既存の名前と重複していると、以下のように警告ポップアップが表示されます。
image.png
「開始」画面に自動的に遷移しますので、アプリケーション名の右にあるメッセージが「このアプリは稼働中です。」もしくは「実行中」になるまで待ち、[アプリ URL にアクセス] をクリック。
image.png
Web ページが開いて、「Hello World!」と表示されていれば完了です。
image.png
【ヒント】表示されているURLにスマートフォンなどからアクセスし、同様に表示できることを確認してみてください。あなたは今、クラウド上に、世界中に公開されている Web サーバーを構築し所有しています!

A5

「開始」メニューの下にある「ログ」メニューをクリックすると、クラウド上の仮想サーバーでアプリケーションが起動する際のログを確認することができます。
image.png
更に詳しくログを参照したい場合には、[Kibanaで表示] ボタンを押して、ログ表示専用のサービスに移動してください。

A6

[カタログ] をクリックして開き、[AI] カテゴリにある [Language Translator] をクリック。
image.png
ライトプランにチェックが入っていることを確認したうえで、[作成] ボタンをクリックします。
image.png
「開始」ページが表示されればサービスの作成完了です。
image.png

A7

「開始」メニューの上にある「管理」メニューをクリックすると、「資格情報」の欄に「API鍵」と「URL」の2つの情報があります。サービスを利用する際に必要な情報ですので、メモ帳(Macだとテキストエディット)などに記録しておきましょう。右にあるアイコンでそれぞれの値をコピーできます。
image.png
なおIBM Cloud画面を閉じてしまったり、迷子になってしまった場合、左上の [IBM Cloud] からダッシュボードに戻り、[リソースの表示] から該当するサービスをクリックすると、上記の「管理」画面が開きます。
image.png

A8

これはちょっと難しい課題でしたね。Language Translator API Document にある以下の実行サンプルを、コマンドプロンプトもしくはターミナルで実行します。

curl --user apikey:{apikey} --request POST --header "Content-Type: application/json" --data "{\"text\":[\"Hello\"],\"model_id\":\"en-es\"}" "{url}/v3/translate?version=2018-05-01"

これをそのまま入力しても駄目で、前のお試しで入手した値を利用する必要があります。具体的には実行サンプルにある {apikey} の部分を、入手した API鍵 の値で置き換えます。同様に {url} の部分も同じ場所にあった URL の値に置き換えます。

実際に実行した様子が以下で、Hello がスペイン語の Hola に翻訳されているのがわかります。

なお Windows 環境における curl コマンドの利用にはコツがありますので、以下も参照してみてください。

A9

こちらも少し難しい課題でした。まずダッシュボードから [リソースリストの表示] を実行し、「Cloud Fundry アプリ」にあるサービス名をクリックします。
image.png
「概要」ページが表示されますので、「接続」欄にある [接続の作成] をクリック。
image.png
「既存の互換性あるサービスの接続」メニューが表示されますので、作成済みの翻訳サービスにある [接続] ボタンをクリック。
image.png
「IAM対応サービスの接続」はそのまま [接続] をクリック。
image.png
「アプリの再ステージ」もそのまま [再ステージ] をクリック。
image.png
しばらく待って、[概要] メニューに戻ると、「接続」欄にさきほど選択した翻訳サービスが追加されているのがわかります。
image.png
【ヒント】IBM Cloud 上における「接続」が具体的に何を意味しているのかを知りたい方は、SDK for Node.js サービスの [ランタイム] メニューにある [環境変数] に表示されている「VCAP_SERVICES」環境変数を眺めてみてください。アプリ実行環境において、接続されたサービスの情報は、この環境変数を経由して受け渡されています。
image.png

A10

左上の [IBM Cloud] をクリックして「ダッシュボード」に移動し、「リソースの要約」欄にある [リソースの表示] をクリック。
image.png
「サービス」にある翻訳サービスの右にあるドット(・・・)メニューをクリックし、表示された [DELETE] をクリック。
image.png
「リソースの削除」でそのまま [削除] をクリック。
image.png
「削除中」と表示されますので、あとは処理を待つだけです。
image.png

A11

A10 と同様に「リソース・リスト」を表示し、「Cloud Fundryアプリ」にある SDK for Node.js サービスの右にあるドット(・・・)メニューをクリックし、表示された [削除] をクリック。
image.png
「経路」にあるチェックボックスをチェックし、[削除] をクリック。
image.png
「削除中」と表示されますので、あとは処理を待つだけです。
image.png
少し待ち、画面をリロードして、今回作成したリソースが全て削除されていることを確認します。
image.png

A12

右上の人型のアイコンをクリックし、メニューにある [プロファイルと設定] をクリック。
image.png
[ユーザー設定] ページが開くので、右の [プロファイル写真] にある [アップロード] ボタンをクリックし、任意の画像ファイルをアップロードします。
image.png
アップロードした画像が表示されたことを確認します。
image.png
これで設定は完了です。右上に反映されていない時は、ブラウザをリロードしてみてください。
image.png

A13

右上の人型アイコン、もしくはプロフィール写真をクリックし、表示されたメニューで [ログアウト] をクリックします。
image.png
確認ダイアログが表示されますので、やはり [ログアウト] をクリック。
image.png
これでログアウトが完了です。
image.png
簡単操作ドリルの実施、おつかれさまでした!

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away