Edited at
kintoneDay 1

kintoneを支えるcybozu developer network2018

kintone Advent Calendar 2018 の 1日目の記事。いよいよ始まりました^^

クラウド型業務システムのプラットフォームである kintone(キントーン) をもっと乗りこなすために、『cybozu developer network』 にあります。今年も cybozu developer network についてこちらで語ってみたいと思います。


いつでもどこでもだれでも developer network

今年は、kintoneに加えてGaroonのAPIが強化されたため、ガルキン連携の記事が多くお披露目されました。cybozu developer network はサイボウズ製品の技術コミュニティサイトなため、トップページで仲良く登場しています。


学習できるコンテンツ、相談し合うコミュニティ

PVはkintone,Garoonを取り巻くエコシステムの発展とともに右肩上がりですね。UUも緩やかですが右肩上がりです。2018年11月以降にkintoneのスマートフォン対応APIもリリースされており、来年もエコシステムがさらに促進されるものと思います。


増え続けるコミュニティメンバー

『cybozu developer network』は、2017年11月30日時点で 13,200 を超えるメンバー登録があります。オープンしてから 4年8ヶ月ほどですが多くの人に活用されています。

2014
2015
2016
2017
2018
2018-2017

コミュニティメンバー数
1,400
3,150
6,350
9,450
13,200
+3,750

開発者ライセンス数
540
1,500
3,350
5,100
6,900
+1,800

kintone開発者ライセンス(無償)は特典サービスの目玉のひとつで、メンバーの方であれば誰でも申し込むことができます。開発者ライセンスの発行方法


新しく追加、強化されたツール


ESLint

こちらを使うことで、JavaScriptの構文チェックをしながら開発できるので、一定のルールに則って品質のよいコーディングをチーム内で実現できますね。(2018年4月〜)


kintone UI Component

プラグイン開発、SIなどのkintoneカスタマイズですが、kintoneライクなUIで提供したいものです。そんな思いが集まったライブラリです。(2018年5月〜)


kintone-node.js-sdk

kintone REST APIをNode.jsで扱えるライブラリです。(2018年5月〜)

私はスマートスピーカーとの連携開発で使ってみました^^


プラグイン開発支援ツール群



  • create-plugin プラグインの雛形を作るツール


  • plugin-packer プラグインをzipファイルにパッケージングするツール


  • plugin-uploader プラグインzipファイルを環境にアップロードするツール


  • webpack-plugin-kintone-plugin webpackを利用したプラグイン開発をサポートするツール


さいごに

昨年のkintone Advent Calendar 2017で、developer networkの成長について語りましたが、今後も多くの方々とともに成長できたらなと思います。2019年はどのような「cybozu developer network」になっているか、楽しみです。