Python
JavaScript
gas
kintone
kintoneDay 1

kintoneを支えるcybozu developer networkの今

kintone Advent Calendar 2017 の 1日目の記事。

クラウド型業務システムのプラットフォームである「kintone(キントーン)」をもっと乗りこなすために、数多くのTipsやSample, SDKが『cybozu developer network』 にあります!今回も『cybozu developer network』の成長とトピックについてこちらで語ってみたいと思います。

1. いつでもどこでもだれでも developer network

2017/11/02 にスマートフォンでもきちんと表示できるようにリニューアルしました。スマートフォンからもアクセスしやすくなりましたね。お知らせ

IMG2017.jpeg

また、2017/02/13 にトップページのリニューアルも実施しました。その当時のデザインですが、わかりやすいサイトを目指して情報を整理してみました。お知らせ
IMG2017-4.png

2. 学習できるコンテンツ、支え合うコミュニティを届ける

5,6月くらいから緩やかですがアクセス数を伸ばしています。要因はいくつかあるかなと思いますが、そのひとつに「はじめようJavaScript」がオープンされたのが影響ありそうです。これにより、ビギナーの方々も学べる技術サイトになりました。さらにこの頃からGaroonのTipを追加したり、ナレッジノート(メンバーが投稿できるコミュニティ)も登場しました。

青線がPV、赤線がUUです。
IMG2017-2.png

3. 増え続けるコミュニティメンバー

『cybozu developer network』は、2017年12月01日時点で 9,450 を超えるメンバー登録があります。オープンしてから 3年8ヶ月ほどですが多くの人に活用されています。

2014 2015 2016 2017 2017-2016
コミュニティメンバー数 1,400 3,150 6,350 9,450 +3,100
開発者ライセンス数 540 1,500 3,350 5,100 +1,750

kintone開発者ライセンス(無償)は特典サービスの目玉のひとつで、メンバーの方であれば誰でも申し込むことができます。開発者ライセンスの発行方法

4. SNSで新しい発見をしてみよう

kintone developer JPの公式Twitter @kintonedevjp をフォローすると、cybozu developer network の更新情報やサイボウズ主催/共催の技術系イベント情報といった耳寄り情報が、タイムリーで受け取れます。2017/4/10から運用を開始して、最低でも1日1ツイートを目標に発信し続けています。

IMG2017-3.png

5. メンバーが投稿できるナレッジノートを活用しよう

ナレッジノート を開設しました。ちょっとしたノウハウをこの場で学習できるだけでなく、メンバー自らが投稿できるのもポイントです。メンバーの中でいいね数ランキングもナレッジノートで公開されていました。コミュニティに貢献されている方々に感謝!!

IMG2017-5.png

6.有志によるkintone SDKを使おう

さらに目を向けたいのが、GitHubを通じてkintoneのツールをリリースされているのを紹介します。これらの多くがMIT Licenseでエンジニア思いのライセンス。その一部を紹介します。改良や改修はGitHubのプルリクを使ってみなさんと育てて行きたいですね。

pykintone

グローバル規模で人気が高いPythonで作られたkintone SDKで、アプリのレコード操作が思いの外簡単にできます。このSDKを使って私もこっそり、kintoneのソリューションを記事にしてみました。

pykintoneで2つのレコードの集計結果をメールで送信してみる 2017/5/29記事
IMG2017-5.png

kintone-plugin-packer

プラグインがWebでパッケージできる奇跡的なツールです。こちらのナレッジノートで紹介されて気づきました!!
IMG2017-6.png

gas-kintone

Google Apps Script のプロジェクトにライブラリとして追加するだけで使えるkintoneライブラリです。Google Forms、Google Sheetsなどグローバルで有名なサービスとの連携で便利に使えそうですね。

kintone REST API client for Ruby

コンスタントにUpdateされている RubyのSDKです。「cybozu developer network」にこれを使った記事がない?ので今後に期待したいところです。

さいごに

昨年の kintone Advent Calendar 2016 で、今後のdeveloper network について語った 「わかりやすさ、探しやすさを追求」すべく、多くの方々のご協力をいただきました。2018年はどのような「cybozu developer network」になっているか、どのようなソリューションが誕生していくのか・・・
この技術サイトを通じて多くの方々にお会いできるが楽しみです。