Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
Help us understand the problem. What is going on with this article?

ROSでRealSenseを真面目に動かしてみる

More than 1 year has passed since last update.

Jetson+D435i+T265でSLAMやってみたい

先のエントリーで、セットアップまでできて、それっぽく動かしてみました。
試行錯誤しながら順番に動かしてみることにします。
ターミナルを2つ立ち上げて実行。

roslaunch realsense2_camera rs_t265.launch
rostopic echo /tf

自己位置推定の結果が吐き出されます。
Screenshot from 2020-01-02 13-05-30.png

Rvizに出力するにはDEMOを動かしたらOKです。

roslaunch realsense2_camera demo_t265.launch

SLAM

こちらのページを参考に、SLAMをやってみます。
RealsenseでSLAMをする。

roslaunch realsense2_camera rs_aligned_depth.launch 
roslaunch rtabmap_ros rtabmap.launch rtabmap_args:="--delete_db_on_start" depth_topic:=/camera/aligned_depth_to_color/image_raw rgb_topic:=/camera/color/image_raw camera_info_topic:=/camera/color/camera_info

Screenshot from 2020-01-02 14-07-36.png

SLAMはできているみたいですが、右半分は更新されずに背景の残骸になっています。

別のデモを動かしてみます。

roslaunch realsense2_camera opensource_tracking.launch

こちらのページが参考になります。

RealsenseでSLAM, visual odometry

Screenshot from 2020-01-02 14-28-30.png

他にも、モータを動かす参考に、JetBotもあります。
JetBot

私と同じくSLAMを動かそうとしている人もいます。
ちょっと調べると、参考になりそうなサイトを発見。
【7Days自由研究】Visual SLAMとROSを使えるようになる話 Day-5

ORB-SLAM2 with Realsense D435

RealSense D435 (ROS)

ROSの使い方を整理

理解しないままSLAMを呼び出ししようとしても時間の無駄ですので、もう少し整理することにします。
そもそもやりたいことは、D435iで周辺をマッピングし、T265で自己位置推定。
それができるようになれば適当なROSのスクリプトを書いてラジコンが走らせられます。

REALSENSE_ROSのドライバに添付のlaunchファイルを使うと、ぞろぞろトピックが吐き出されます。
うまいこと吐き出したトピックを捕まえて処理することができれば良いのです。
先程、T265のトピックはかんたんに捕まえることができました。
D435iはどうでしょう。

試しにサンプルを実行して、どうなっているかを確認します。

roslaunch realsense2_camera opensource_tracking.launch

実行するとこんな感じ。
設定はこんな感じ。
PointCloud2>Topic = /voxel_cloud
MapCloud>Topic = /rtabmap/mapData
Screenshot from 2020-01-02 23-24-40.png

ノード間の関係性をグラフ化して表示する。

rosrun rqt_graph rqt_graph 

rosgraph.png

この接続をうまいこと組み替えたら、いい感じになる?

続き

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away