Help us understand the problem. What is going on with this article?

[はじめてのiOSアプリ]xcodeで地図アプリを作成(その2)

More than 1 year has passed since last update.

はじめに

iOSアプリを作ってみたいけど
何から始めて良いのかわからない

とりあえず、
「やってみました」記事を参考に
地図アプリを真似てみようと思う

という記事の2回目です。

今回は、地図を表示します。

地図を表示

  1. MapKit.framework を追加
    • [MyGpsMap]-[Build Phase]-[Link Binary With Libraries]を選択し、[+]をクリック
      LinkBinLib.png
    • 検索窓に [map] と入力し絞り込み[MapKit.framework]を[Add] で追加
      AddMapkit.png
    • 【なぜ?】
      • Apple が提供してくれる地図を簡単に使うことができるフレームワーク(ライブラリ)
      • 苦労は買ってでもする人じゃない限り使うべき
  2. Mapkit を画面に配置
    • 画面左側のファイルツリーから[Main storyboard]を選択
      MainStoryboard.png
      • 【なぜ?】
        • あとで[Main storyboard]にGUIの地図部品を配置したいから、まずは選択しておく
        • [Main storyboard]を編集することで表示内容を決定できる
    • メニューから[View]-[Show Library]を選択、表示されるウインドウで [map] と入力し [Map Kit View]を絞り込む
      ShowLib-mapkit.png
      • 【なぜ?】
        • [Map Kit View]は地図を表示するためのGUI部品
        • 今回は、機能と名称が一致しているので絞り込みが楽々!
    • 絞り込み表示された[Map Kit View]を、Xcode右画面に表示される iPhone 画面上に、ドラッグ&ドロップする
      MapKitOnStoryboard.png
      • 【なぜ?】
        • [Map Kit View]を[Main storyboard]に配置することで地図が表示できる
    • [Map Kit View]を画面いっぱいに配置
      • 【なぜ?】
        • 地図は画面いっぱいに表示された方が見やすいから
          MapKitOnStoryboard-max.png
  3. テスト実行
    • Xcode 左上の矢印アイコンをクリック
      StartSimulator.png
  • iPhone Simulatorが起動し、日本全体が表示された
    MapJapan.png

今回の到達点

  • シミュレーターを使って地図を表示できた

連載

  1. [はじめてのiOSアプリ]xcodeで地図アプリを作成(その1:プロジェクト作成)
  2. [はじめてのiOSアプリ]xcodeで地図アプリを作成(その2:地図表示)
  3. [はじめてのiOSアプリ]xcodeで地図アプリを作成(その3:位置情報取得)
  4. [はじめてのiOSアプリ]xcodeで地図アプリを作成(その4:位置情報と連携した地図表示)
  5. [はじめてのiOSアプリ]xcodeで地図アプリを作成(その5:アプリアイコン設定)
  6. [はじめてのiOSアプリ]xcodeで地図アプリを作成(その6:拡大・縮小ボタン追加)
  7. [はじめてのiOSアプリ]xcodeで地図アプリを作成(その7:地図を拡大・縮小)
  8. [はじめてのiOSアプリ]xcodeで地図アプリを作成(その8:地名表示)
  9. [はじめてのiOSアプリ]xcodeで地図アプリを作成(その9:ソースコード管理)
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away