株式会社creato

「言われたものを作るだけ」ではない共創型システムパートナーを掲げる名古屋の少数精鋭開発会社。

Posts
65
LGTMs
5260

takashi.segawa@creato-c.jp

愛知県名古屋市天白区塩釜口2-1403 アーバンドエル塩釜口 703

Report organization
Help us understand the problem. What is going on with this organization?

Members (6)Show all

About

はじめに

受託開発の問い合わせは お問い合わせフォーム か、052-861-2286 までお電話をお願いします。

採用については「ちょっと気になるので中の開発者に話を聞いてみたい…」程度の気軽な感じで開発メンバーの1人である @k5n のtwitterアカウント(K5folklore)にメンションでも送ってみてください。メール(keigo.nakatani@creato-c.jp)でも構いません。

何をやっているのか

株式会社creatoのメンバーは全員が一般社団法人ClearWaterProjectのメンバーでもあります。
そのためClearWaterProjectのやっていること、creatoのやっていることの両方を紹介します。

ClearWaterProjectのやっていること

「子供達が目を輝かせて飛び込んでいくような川、海、湖を未来の世代に」
を合言葉に、『豊かな水辺環境と水辺文化を創造する』ことをめざしています。

IT技術をコアにして、川や海等水辺を、その空間も含めて心地よく幸せを感じる環境に変えていくために事業運営しています。

現在は4つのサービスを提供しています。

  • 超簡単に遊漁券がネットで買える「つりチケ
  • 夏期は100万PV/月を越える川遊びスポットと遊び方情報満載のサービス「川遊びマップ
  • 豊かな水辺環境と水辺文化の創造のためのクラウドファンディング「カワサポ
  • みんなで力を合わせて流域をモニタリングする!「AQMAP(アクマップ)

Wantedlyの募集を見ていただくと詳しく分かるかと思います。

慈善事業としてやっているのではなく、収益化して継続可能なビジネスにすることを目指してチャレンジしています。

creatoのやっていること

「共創型ビジネスパートナー」を掲げた受託開発を行っています。
「言われたことをやるだけ」「納品して終わり」ではなく、こちらからも積極的に良い提案をし、常に期待値を超えることを目指し、顧客とともにビジネスを創り上げるパートナーになりたいと考えています。

どうやっているのか

基本方針

会社の基本方針として「自主自立」を掲げ、社員を自立した大人としてみなし、その自主性を尊重します。

組織体制と社内制度

具体的には・・・

<ルールは少なく>
細かなルールはあえて決めていないことが多いです。
皆が自立して大人であれば多くのことは「常識に従え」で済むからです。

<上司は存在しない>
組織は完全にフラットです。
CEOも「代表」という役割であって上司ではありません。
社内制度やルールも経営陣が一方的に決めるのではなく、叩き台を作って提示し、社員全員意見することができます。
OJTのトレーナーといった教育担当はいますが、命令を聞かなければいけない上司ではありません。
プロジェクトは個人であれチームであれ、自立して「何をどうやるか」を決めて進めます。

<給与自己決定制度>
社会人経験3年以上かつ入社1年以上の人は、自主自立の観点から自分の給料を自分で決めてもらいます。
世の中の平均給与やベンチマーク給与、個々人の収支貢献状況等の情報を提供し、高すぎたり低すぎたりしない限り、基本提示給与で1年進めてもらいます。
(現在給与制度見直し中です。人数が増えてきて、投資対象プロジェクト専任になる人も出てきて、単純に個人の収支貢献を測るのが適切でなくなってきたためです。給与自己決定は残す方針ですが、無い袖は振れないため、収益が届かなかった場合の調整をどうするか考えています)

<フルフレックス、リモートワーク可>
社外/社内の関係者と都合さえつくなら、勤務時間、勤務場所は自由です。
社員とともにその周りの人も大切にしたいからです。
家族のために時間や場所を調整して仕事をしている人が多数います。
(まだ慣れていない新入社員や教育対象の社員には制限がつきます。しかし事情がある場合は、事前に調整したり急であっても連絡すれば認められます。)
ただしリモートを推奨しているわけではなく、フルリモートではありませんので名古屋近辺在住である必要があります。
ClearWaterProjectへの理解を深めるためにも、社内でのコミュニケーションが必要と考えています。
月曜午前には全員でミーティングを行っています。

開発体制

顧客対応を含めて1人で1つの案件をこなす、いわゆるフルスタックな仕事の仕方を求められることが多いです。勿論規模や納期的に1人でこなせなければチームを組みます。

最近は教育前提のポテンシャル採用も行いましたが、経験豊富なエンジニアのサポートがついた上で、やはり顧客対応を含めて1人1案件をこなしてもらっています。

開発環境

基本的に開発メンバーは全員がMacbookProを使っています。エディタやIDEなどの開発環境は各人自由でバラバラです。

自分専用のデスクはなく、空いている場所に自由に座って作業します。場所は早い者勝ちです。

机は社員の手作りです。

開発チームメンバーがよくいる場所

天気が良ければ、バルコニーに机を出して作業したり、お昼ご飯食べたり、夜はちょっと飲んだりとかも。

バルコニー

開発チーム間のチャットはSlackで、社内サービスのリポジトリはBitbucket/gitで管理しています。
顧客とのやりとりは顧客ごとに違います。GitHub, Dropbox, Skypeなどなど・・・。

働き方

1人1人がフリーランスに近い働き方をしています(実際何人かは前職がフリーランスでした)。

しかし仲間がいて、自社サービスの開発もできて、営業もいて、収入は安定する・・・と、フリーランスのデメリットを補うことができます。

Frequently posted tags
iOS
  • k5n
  • hirok115
20Posts
2308LGTMs
Swift
  • k5n
  • hirok115
12Posts
2097LGTMs
Kotlin
  • k5n
12Posts
2039LGTMs
RxSwift
  • k5n
8Posts
2056LGTMs
Docker
  • ideodora
  • k5n
8Posts
604LGTMs
Popular posts
k5n
30分で覚えるKotlin文法
byk5n
927
k5n
オブザーバーパターンから始めるRxSwift入門
byk5n
827
k5n
初心者による初心者のためのDocker入門 その1 dockerコマンド編
byk5n
548
k5n
RxSwiftの機能カタログ
byk5n
481
k5n
Kotlin文法 - 関数とラムダ
byk5n
208
Newest posts
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした