Edited at

やってみよう分析!Appendix A-1:Windows 7 Professional + Visual Studio Express 2013にCUDA6.5をインストール

More than 5 years have passed since last update.


はじめに

今回も始まりました。やってみよう分析!シリーズ

Appendix A-1では、GPU(Graphics Processing Unit)計算を実行するための CUDA6.5ドライバーを Windows 7 Professional + Visual Studio Express 2013の環境上にインストールする方法を簡単に紹介します。インストール後、サンプルコードを実行して Mandelbrot集合を描画させてみましょう。

GPUについての紹介はこちらのサイトを参照ください。

ここで紹介したインストールプロセスを実行したマシン環境は


  • Windos 7 Professional 64bit

  • GeForce GTX 650

です。


Visual Studio Express 2013をインストール

Visual Studio Express 2013は VisualBasic, VisualC++, C#を開発するための環境で、無償で使うことができます。

Visual Studio Express 2013はマイクロソフトのサイトからダウンロードできます。

fig01.png

途中でMicrosoftのアカウントにサインインすることを要求されるので、アカウントを予め作成しておきます。

fig02.png

サインインするとダウンロード画面に遷移します。ここでは for Windows Desktopを選択することにします。

fig03.png

ダウンロードされるファイルを実行するとインストールが開始されます。あとはインストールが完了するまで待つだけです。インストールが完了したら次はCUDA6.5のインストールを行います(Visual Studio Express 2013のインストールが完了し再起動を要求されたら、一度再起動します)。


CUDA6.5をインストール

NVIDIACUDA zoneこのページから CUDA6.5(2014/08/21時点最新)をダウンロードします。自分はデスクトップのWindows 7 64bitを使用しているのでそれに対応するファイルをダウンロードしました。ファイル容量が大きいのでダウンロードが完了するまでしばらく待ちます。

fig04.png

ダウンロードしたファイルを実行するとインストールが開始します。途中全てOKして進み, インストールを要求されるドライバもインストールします。

インストールが完了したらVisual StudioからCUDAを使えるように下記の操作を行います(PC環境によって下記のフォルダ場所は適当に読み替えてください)。

C:\Program Files (x86)\MSBuild\12.0

C:\Program Files\NVIDIA GPU Computing Toolkit\CUDA\v6.5\extras\visual_studio_integration\MSBuildExtensions

にあるファイル(下記)すべてをコピペします。


  • CUDA 6.5.props

  • CUDA 6.5.targets

  • CUDA 6.5.xml

  • Nvda.Build.CudaTasks.v6.5.dll


Sample Codeを実行してみる

それではサンプルコード(Mandelbrot集合の描画)を実行してみましょう。下記フォルダのMandelbrotフォルダをコピーして複製し適当に名前をつけます(ここではMandelbrotCopy)。

C:\ProgramData\NVIDIA Corporation\CUDA Samples\v6.5\2_Graphics

fig05.png

MandelbrotCopy内のMandelbrot_vs2013.vcxprojを起動させます。

fig06.png

Visual Stusioが立ち上がると必要なインクルードファイルがインポートされます。起動したらVisual Stusioの ビルドタブソリューションのビルドを実行します。ビルドが問題なく完了したら、デバッグタブデバッグなしで開始を実行します。これでMandelbrot集合が表示されます。

fig07.png


新規ファイルのビルドについて

Visual Studio 2013を使って新規ファイルを作る場合、CUDA6.5をインストールすると付随してくるC:\ProgramData\NVIDIA Corporation\CUDA Samples\v6.5\0_Simple内のサンプルコードを活用すると便利です(アドレスは筆者の環境でのもの)。というのも、完全に新規からファイルを作るにはVisual Stuadio 2013上で様々なインクルードファイルやライブラリにパスを通さなければならず、その作業が面倒だからです。サンプルコードには既にCUDAを使うための設定がされているので、この設定を簡略化することができます。

0_Simpleの中にはtemplateフォルダが存在します。これをコピーしてtemplate.cuファイルを書き換えて使うと便利です。

===========================================


こちらもよろしくおねがいいたします。


入門編


第1部イントロダクション


第2部エクセルで学ぶ分析入門


第3部 データ可視化(ビッグデータに限らない)

==================


お知らせ:Fringe81エンジニアチームでは仲間を募集しています!

 


 チームの雰囲気や採用情報については下記ページをご覧下さい。