Help us understand the problem. What is going on with this article?

ライトニングトーク準備の参考資料まとめ

LT発表を行う際の参考資料を集めました。社内用に記事をまとめていたけど、機密性がないことに気が付いたので公開。

不定期的に更新します。

「これもこれも」というのがあったらコメントで教えてください。独断と偏見で追加します。

はじめに

※公開して何年も経っているのに参考にしてくださっている方がいらっしゃるようなので追記

唯一無二のLTのはじめ方

準備やネタの用意よりも先にまずは申し込みましょう
ネタではなく申し込まないと永遠に発表する機会は訪れません。最初の一歩の「えいやっ」が大事。

発表の成功/失敗よりも発表することがえらい!

勉強会イベントは、肝となる発表者が確保できるかどうかがイベントの成否を握ります。
参加費用のある勉強会だとまた趣が違うかもしれませんが、参加費無料の勉強会でめちゃくちゃ面白い発表を要求する人はいません(いても周りから空気が読めない人だと思われるだけです)。

イベントの主催は大変です。発表者が集まらなくて中止ということもありえます。中止を繰り返すと主催する気持ちが折れます。そして開催されたかもしれない勉強会が一つ減ります。
東京はもちろん各都市でも勉強会が開催されているのは(主催者と)発表者がいるからこそです。

「発表申し込みしてえらい!」「発表してえらい!」「すべってえらい!」(コウペンちゃん並感)

少なくとも発表者に対して主催者は256倍くらい優しくなります。

発表後は公開

  • SpeakerDeck
    • Githubと連携
    • 最近はSpeakerDeckの方が主流かな
  • SlideShare
    • Linkedin/Facebookと連携

「スライド公開してえらい!」

ライトニングトークとは

そもそも「ライトニングトーク」ってなに?

Lightning Talks は60分もしくは90分の枠に、5分間のトークをつめこんだものです。

多くの人が勘違いをします。5分しかしゃべれないと聞くと、みんなこう言います。「どうやってこのトークを5分に絞りこめばいいんだろう?」

違うんです。トークはたったの5分なんですから、シリアスに考える必要はないのです。なにか簡単に、面白いことをしゃべって、急いで檀上からおりるのです。もっと聞きたい人がいれば、後で廊下あたりであなたを捕まえてくるでしょう。

LT準備ノウハウ

全般

運営向け

資料作り

タイトルネタ

タイトルや構成に悩んだ時にブログ記事タイトルジェネレーターが役立つかも

プレゼンツール

  • Keynote
  • PowerPoint
  • Google Slides
  • slideship
    • Markdownでスライドを作って公開できるWebサービス
  • prezi
    • いつの間にか有料サービスになってた
    • 派手な効果のスライドを作成するツール
    • Zero Latency VRのブリーフィング資料にも使われていました。
  • impress.js
    • HTMLファイルでpreziみたいな効果のスライドを作るライブラリ
  • Reveal.js
    • markdownで記述できるスライドライブラリ
  • Marp
    • markdown(commonmark)で記述できるスライド生成エディタ
    • HTML, PDF, PowerPoint形式で出力できるらしい
    • VSCodeプラグインを使うと便利と聞いた
  • fusuma.js
    • markdowで記述できるスライド生成ツール(CLI)
    • すごくweb-friendlyな機能構成
    • あまりアピールされていないけどpdf出力もできる様子
  • logicool Spotlight Presentation Remote
    • TEDでも使われているらしいデジタルポインター
  • logicool Wireless Presenter R400
    • 多機能ポインター

素材

moomooya
React+Flaskでなにか考えてたけど、FirebaseならTypeScriptだけでいいや。 パブリックなアウトプットを減らしてコード書く年にする。
http://www.slideshare.net/isamusuzuki54
rakus
「IT技術で中小企業を強くします!」というミッションを掲げ、中小企業の業務効率化に貢献する複数のクラウドサービスを提供しているIT企業です。「楽楽精算」「メールディーラー」など、国内トップシェアを誇る複数のサービスを開発し、累計導入社数は5万社を超えています。次の時代の"楽"を創るための、まだ見ぬサービスや機能を生み出す取り組みは、今日も続いています。
https://www.rakus.co.jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした