Help us understand the problem. What is going on with this article?

code-server オンライン環境篇 (7) git 上のcompose を EC2上に展開する

目次
ローカル環境篇 1日目
オンライン環境篇 1日目 作業環境を整備する

オンライン環境篇 2日目 仮想ネットワークを作成する

オンライン環境篇 3日目 Boto3 で EC2 インスタンスを立ち上げる

オンライン環境篇 4日目 Code-Serverをクラウドで動かしてみる

オンライン環境篇 5日目 Docker 上で、code-server を立ち上げる

オンライン環境篇 6日目 自動化してみよう

オンライン環境篇 7日目 git 上のcompose を EC2上に展開する

...
オンライン篇 .. Coomposeファイルで構築

オンライン篇 .. K8Sを試してみる

...

魔改造篇

はじめに

前回までで、Docker を利用して、EC Instance 上に Code-Serverを立ち上げることができるようになりました。

今回は、github 上に、compose file から、EC2 Instance に立ち上げるまでをやってみます。

  • 作成
  • 停止
  • 再開
  • 削除
  • 情報取得

新規の知識はないので、茶々っと作ってみてください。
汚くて良いと思います。

成果物例

https://github.com/kyorohiro/advent-2019-code-server/tree/master/app/docker_image_uploader_for_ec2

$ git clone https://github.com/kyorohiro/advent-2019-code-server.git
$ cd advent-2019-code-server/remote_cs04/
$ docker-compose build
$ docker-compose up -d

ブラウザで、http://127.0.0.1:8443/ を開く。

Screen Shot 2019-12-24 at 0.39.23.png

Terminal 上で

Terminal
$ pip install -r requirements.txt
$ aws configure 
..
..

EC2Instance を 作成

$ python main.py --create

EC2 情報を取得

$ python main.py --get
>>>> i-0d1e7775a07bbb326
>>>> 
>>>> 3.112.18.33
>>>> ip-10-1-0-228.ap-northeast-1.compute.internal
>>>> 10.1.0.228
>>>> {'Code': 16, 'Name': 'running'}

ブラウザー でアクセス

Screen Shot 2019-12-24 at 1.11.08.png

Screen Shot 2019-12-24 at 1.06.50.png

Screen Shot 2019-12-24 at 1.12.23.png

できました!!

一時停止してみよう

$ python main_command.py --stop

EC2 Insntace を止めてます。
利用料金を安く抑えることができます。
EBS の Storage の使用量などはかかります。

再開してみよう

 python main_command.py --start

停止したものを再開できます。
IPアドレスが変わるので注意

削除しよう

# ec2 instance から logout
$ exit

# local の code-server 上で
$ python main.py --delete

次回

EC2ベースにする場合、あとは、解説するようなものはなく、作り込むだけだと思います。

ここまで出来れば、
クラウド上に、VSCode(Code-Server) を配置することは、もう出来ると思います。

VSCode に関係なく、 Docker Image 、 Composefile かした物なら何でも
クラウド上に置けますね。

次回は K8S編 or Fargate編 に入ります。
今までは自作してきましたが、
ありものを利用して、アレコレしていきます。

コード

https://github.com/kyorohiro/advent-2019-code-server/tree/master/remote_cs06

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした