JavaScript
Node.js

とりあえず Ubuntu で新しい Node.js, npm をインストール


1. インストール

sudo apt update

sudo apt install nodejs
sudo apt install npm


2. バージョンアップ


2.1. Node.js

Node.js をバージョンアップする方法はいくつかありますが、この方法が一番楽だと思います。

sudo npm cache clean

sudo npm install -g n
sudo n stable

コマンドパスのハッシュが残っている場合、この直後に node -vnodejs -v のバージョンを見ても更新されていないことがあります。そのときは、ターミナルを再起動するか hash -r

※自分でコマンドのリンクをする必要はないです。

/usr/bin は自分でいじらない方が良いです。

古い nodejs をアンインストールしなくても新しい方が使えます。

参考「Ubuntuに最新のNode.jsを難なくインストールする - Qiita

参考「パッケージ更新インストール後にコマンドが実行できない場合の対処 - Qiita


2.2. npm のバージョンアップ

sudo npm update -g npm


3. その他


3.1 nodejs はインストールしたのに node コマンドがない

環境によって起きる問題。

自分でリンクしなくてもnodejs-legacy のインストールで修正できます。

sudo apt install nodejs-legacy


3.2. npm でパッケージインストール

他にもありますが、基本的なもの。

<パッケージ> は同時に複数指定可。

# グローバル

sudo npm install --global <パッケージ>
sudo npm i -g <パッケージ>

# ローカル (開発用)
npm install --save-dev <パッケージ>
npm i -D <パッケージ>

# ローカル (リリース用)
npm install --save <パッケージ>
npm i -S <パッケージ>
npm install --save-prod <パッケージ>
npm i -P <パッケージ>

(もちろん sudo npm install -g <パッケージ> なども OK)

(npm のバージョンによって書き方が違うかも)

参考「install | npm Documentation


3.3. ローカルインストールしたコマンドを実行


npm 5.1 まで (それ以降でも使える)

$(npm bin)/<コマンド>



npm 5.2 から

npx <コマンド>


環境変数 PATH にパスを追加してコマンドを使えるようにするのも手ですが、普段自分でコマンドを使わないならこれで良いと思います。

参考「npm 5.2.0の新機能! 「npx」でローカルパッケージを手軽に実行しよう - Qiita


3.4. Yarn

npm よりも便利らしいパッケージマネージャ。