Edited at

Ubuntuに最新のNode.jsを難なくインストールする

この記事は 慶應義塾大学SFC村井&徳田研 Advent Calendar 2015 の10日目の記事です。


UbuntuにNode.jsをインストールする方法は数多あれど、どれも一筋縄ではいかない。

普通に apt-get すると、バージョンが結構古かったり、node でなく nodejs コマンドで登録されたりする。PPA や NVM を使う手もあるけど、余計な手間がかかる。

もっと簡便なインストール方法はないだろうか?

そこで、以下の n package を使ったインストール方法をお勧めします。


導入手順

まず普通に nodejs, npm をインストールします。

$ sudo apt install -y nodejs npm

次に n package を導入します。

$ sudo npm install n -g

最後に n package を使って node をインストールします。

$ sudo n stable

混乱を避けるべく、最初に入れた古い nodejs, npm は消します。そして再ログイン。

$ sudo apt purge -y nodejs npm

$ exec $SHELL -l

ちゃんと最新かどうか、バージョンを確認してみましょう。

$ node -v

v11.8.0


複数バージョンの管理

n package は複数バージョンの管理もできます。

別のバージョンを入れたいときは、バージョン番号を指定すれば即時に切り替わります。update-alternatives の必要もありません。

$ sudo n 9.11.2

$ node -v
v9.11.2

stable, lts などの便利なエイリアスもあります。

$ sudo n lts

$ node -v
v10.15.1


参考サイト