Raspberry Pi Desktop を USB フラッシュドライブから起動して使う

はじめに

Raspberry Pi Desktop という Debian をベースにした Linux ディストリビューションがありまして、これはラズベリーパイ財団からリリースされています。

image.png

PC および Mac で動作し、Live-DVD を作成したり、仮想マシンで実行したり、HDD へインストールする事も可能です。

この記事は Raspberry Pi DesktopUSB フラッシュドライブ (USB メモリ) にインストールしようというものです。

セットアップ

必要なもの

作業は Windows 10 上で行うものとします。インストールには 16GB 程の USB フラッシュドライブが必要です。Live-DVD で動作するくらいなので 8GB でも動くとは思いますが、アップデート等を行うとすぐに容量不足になってしまうと思います。

image.png

セブンイレブンに行ったらコレがあったので買ってきました。Amazon とかでは半値近くで買えるのだけれど...。

image.png

中身はこんな感じ。

ISO イメージのダウンロード

トレントが使えるのならトレントを使った方が早く DL できます。uTorrent Portable とかで DL するのをオススメします。

記事を書いた時点の最新版 ISO のファイル名は 2017-11-16-rpd-x86-stretch.iso (Debian Stretch) でした。

起動可能な USB フラッシュドライブを作成

Rufus を使ったやり方

image.png

  1. 書き込み先の USB フラッシュドライブ を選択
  2. Raspberry Pi Desktop の ISO イメージを選択
  3. [DD イメージ] を選択
  4. [スタート] で書き込む

Etcher を使ったやり方

image.png

  1. Raspberry Pi Desktop の ISO イメージを選択
  2. 書き込み先の USB フラッシュドライブ を選択
  3. [Flash!] で書き込む

その他の方法

その他の方法でイメージを書き込むと後述する永続ストレージが正しく使えず、手動でパーティションを作成/調整する必要が出てくるかもしれません。

起動

UEFI / BIOS で USB フラッシュドライブから起動するように設定しておきます。USB フラッシュドライブを PC や Mac に挿して電源を入れると起動メニューが表示されます。

image.png

  • Run with persistence: [実行] 永続ストレージを保存に使う
  • Run and reset persistence: [実行] 永続ストレージを初期化して保存に使う
  • Run without persistence: [実行] 永続ストレージを使わない
  • Graphical install: [インストール] グラフィカル
  • Install: [インストール] テキストベース
  • Install with speech synthesis: [インストール] テキストベース + 音声読み上げ
  • Help: [ヘルプ]

〔Enter〕 キーを押すか、そのまま 10 秒待ちましょう。

image.png

初回起動時はちょっと時間が掛かります。

image.png

Raspberry Pi Desktop が起動しました。

$ uname -a
Linux raspberrypi 4.9.0-4-amd64 #1 SMP Debian 4.9.51-1 (2017-09-28) x86_64 GNU/Linux

uname -a で見たシステム情報はこのようになっています。

永続ストレージ (Persistent Storage)とは

永続ストレージ (Persistent Storage) を具体的に言えば USB フラッシュドライブの第三パーティションの事です。ユーザーが行った変更はこのパーティションに保存されます。USB フラッシュドライブの容量が大きいと永続ストレージのサイズも大きくなります。

当方では USB フラッシュドライブは sdb として認識されていました。永続ストレージは sdb3 です。以下、fdisk -1 の結果です。

$ sudo fdisk -l
(中略)

Disk /dev/sdb: 14.4 GiB, 15502147072 bytes, 30277631 sectors
Units: sectors of 1 * 512 = 512 bytes
Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
Disklabel type: dos
Disk identifier: 0x4204c734

Device     Boot   Start      End  Sectors  Size Id Type
/dev/sdb1  *          0  4662943  4662944  2.2G  0 Empty
/dev/sdb2          5668     7043     1376  688K ef EFI (FAT-12/16/32)
/dev/sdb3       4663296 30277630 25614335 12.2G 83 Linux

(後略)

同様に df の結果です。

$ df
ファイルシス         1K-ブロック      使用   使用可 使用% マウント位置
udev                     4008724         0  4008724    0% /dev
tmpfs                     806220     17328   788892    3% /run
/dev/sdb1                2331472   2331472        0  100% /lib/live/mount/persistence/sdb1
/dev/loop0               1539328   1539328        0  100% /lib/live/mount/rootfs/filesystem.squashfs
tmpfs                    4031084         0  4031084    0% /lib/live/mount/overlay
/dev/sdb3               12540412   1094356 10789316   10% /lib/live/mount/persistence/sdb3
overlay                 12540412   1094356 10789316   10% /
tmpfs                    4031084         0  4031084    0% /dev/shm
tmpfs                       5120         4     5116    1% /run/lock
tmpfs                    4031084         0  4031084    0% /sys/fs/cgroup
tmpfs                    4031084        28  4031056    1% /tmp
tmpfs                     806216         0   806216    0% /run/user/1000

永続ストレージを使わない場合 (Run without persistence) の df の結果はこうなります。

$ df
Filesystem             1K-blocks      Used Available Use% Mounted on
udev                     4008724         0   4008724   0% /dev
tmpfs                     806220     17328    788892   3% /run
/dev/sdb1                2331472   2331472         0 100% /lib/live/mount/medium
/dev/loop0               1539328   1539328         0 100% /lib/live/mount/rootfs/filesystem.squashfs
tmpfs                    4031084         0   4031084   0% /lib/live/mount/overlay
overlay                  4031084    109920   3921164   3% /
tmpfs                    4031084         0   4031084   0% /dev/shm
tmpfs                       5120         4      5116   1% /run/lock
tmpfs                    4031084         0   4031084   0% /sys/fs/cgroup
tmpfs                    4031084        16   4031068   1% /tmp
tmpfs                     806216         0    806216   0% /run/user/1000
/dev/sdb3               12540412   1094716  10788956  10% /media/pi/persistence

e2label /dev/sdb3 の結果 (ラベル情報) です。

$ sudo e2label /dev/sdb3
persistence

設定

Raspberry Pi Desktop の各種設定はアプリケーションメニュー (ラズベリーアイコン) から [Preferences | Raspberry Pi Configuration] で行います。

言語に関する設定は [Localisation] タブにあります。

ロケール

image.png

  • Language: ja (Japanese)
  • Country: JP (Japan)
  • Charcter Set: UTF-8

タイムゾーン

image.png

  • Area: Asia
  • Location: Tokyo

キーボード

image.png

  • Country: Japan
  • Variant: Japanese (OADG 109A)

Wi-Fi の国設定

image.png

  • Country: JP Japan

再起動

設定を有効にするために再起動します。

image.png

ちゃんと日本語化できました。Live-DVD からの起動とは異なり、ちゃんと設定は (永続ストレージに) 保存されます。

image.png

再起動しても日本語化できない場合には永続ストレージが正しく作られていないと思われます。何度やっても設定の保存に失敗する場合は USB フラッシュドライブを初期化してからやり直してみてください。

システムのアップデート

apt のパッケージリストを更新しておきます。

$ sudo apt-get update

apt-get upgrade にはかなり時間が掛かります。更新されたすべてのファイルを永続ストレージへ展開するため、16GB の USB フラッシュドライブの場合、永続ストレージを 40% 程度消費します。

$ sudo apt-get upgrade
$ sudo apt-get dist-upgrade

小容量の USB フラッシュドライブをお使いの場合や、お試しで触っている方はこの処理を行わないでください。

日本語フォントのインストール

とりあえず noto-cjk / IPA / IPA EX / takao が入っていればいいかと思います。

$ sudo apt-get install fonts-noto-cjk fonts-ipafont fonts-ipaexfont fonts-takao 

UI のフォント変更

デスクトップの何もない所を右クリックし [デスクトップの設定] を選択 (またはアプリケーションメニューから [設定 | Appearance Settings] )。

[System] タブの [Font] を Noto Sans CJK に変更 (フォントの種類は任意です)。

image.png

一旦再起動しないとフォントが正しく反映されません。

Chromium (ブラウザ) の日本語化

Chromium を日本語化するには言語パックをインストールします。

$ sudo apt-get install chromium-l10n

image.png

※ 事前に takao フォントがインストールされていないと永続ストレージが壊れるかもしれません。

LibreOffice (Office スイート) の日本語化

LibreOffice を日本語化するには言語パックをインストールします。

$ sudo apt-get install libreoffice-help-ja

image.png

Scratch 2 (プログラミング言語) の日本語化

Scratch 2 を日本語化するには、右上の地球アイコンをクリックし [日本語] または [にほんご] を選びます。

image.png

IM (入力メソッド)

IM フレームワーク Fcitx と Google 日本語入力のオープンソース版である Mozc を導入します。

$ sudo apt-get install fcitx-mozc
$ reboot

一旦再起動した後で設定を行います。

入力メソッドの設定

  1. アプリケーションメニュー (ラズベリーアイコン) から [Fcitx 設定] を選ぶ。
  2. 最初は [キーボード - 英語 (UK)] と [Mozc] になっている。
    image.png

  3. 左下の [+] ボタンを押す。
    image.png

  4. [キーボード - 日本語 - 日本語 (OADG 109A)] を選択し [OK] ボタンを押す。
    image.png

  5. [キーボード - 英語 (UK)] を選択し、左下の [-] ボタンを押して削除する。
     image.png

  6. 上下の矢印ボタンを使い、
     image.png

  7. 最終的にはこの並びにする。
    image.png

IM 切り替えキーの設定

引き続き [Fcitx 設定] を行います。

  1. [全体の設定] タブをクリック
  2. [入力メソッドのオンオフ] の右側のボタンを押す。
     image.png

  3. [設定したいキーの組み合わせを押してください] というダイアログが出るので物理キーボードの〔半角/全角〕ボタンを押す。最初から右側のボタンが [Zenkakuhankaku] になっていたとしてもこの設定を行う必要がある。

これで〔半角/全角〕または〔Ctrl〕+〔SPACE〕で IM をオンオフできるようになります。

ハードウェアクロックをローカルタイムに変更

運用的には Windows と Linux のデュアルブートという事になりますが、Raspberry Pi Desktop を終了して Windows を起動すると時刻が 9 時間ズレると思います。これを回避するには、ハードウェアクロックをローカルタイムとして設定します。

$ sudo hwclock --systohc --localtime

Windows 側の設定を変更する方法もあるのですが、Raspberry Pi Desktop が間借りしている状況なので Raspberry Pi Desktop 側で設定変更すべきだと思います。

おわりに

うん、@mt08 さんの記事丸パクリになっちゃったね。Raspberry Pi Desktop はちょっと前まで PIXEL for PC and MAC と呼ばれていたしね。

See also:

Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account log in.