PowerBI

Power BI 複数のデータラベル ~InfographicDesigner②

infographicDesignerアイコン.png

カスタムビジュアルのInfographicDesignerを使うと、データラベルを複数表示できます。

こんなグラフを作ります.png


データラベル表示

InfographicDesignerを初めて使うと、データラベルが表示できない壁にぶつかる人は多いんじゃないでしょうか。

実はちゃんと表示できるのですが、少しわかりにくいです。

でも覚えてしまえば普通のグラフ以上に

いろんな表現ができますよ。


まず大前提の仕組みとして

普通のグラフは、グラフとデータラベルがセットになっているのですが、

InfographicDesignerの場合は、レイヤーを重ね合わせます。


レイヤーってなに?

という方はまずこの図をご覧ください。

レイヤー1.png

レイヤーは透明な板のようなもので、この上に図形や文字が描かれています。

これらをすべて重ね合わせて完成したグラフ(a)が画面に表示されます。

この例では、shapeレイヤーのグラフ(b) と textレイヤーのデータラベル(c) を重ね合わせて作られます。

InfographicDesignerビジュアルを使ってグラフを作り始めると、最初はshapeレイヤー1枚だけの状態ですが

この図のようにtextレイヤーを追加することで、データラベル付きグラフを作れます。

レイヤー1枚ずつの表示はできないので、

頭の中に上の図のようなイメージを浮かべてください。


作り方


サンプルデータ


売上
比率

4月
100
56%

5月
80
44%


手順


まずはInfographicDesignerで普通にグラフを作る

Categoryに

Measureに売上を設定します。

普通にグラフ設定.png

この状態がshapeレイヤー1枚だけの状態です。


隠し設定画面を開く

注意点として、書式ペインでデータラベルは設定できません。

隠し設定画面0.png

実はグラフの上にマウスカーソルを移動させると・・・

隠し設定画面2.png

浮かび上がる隠し設定画面3.pngアイコンが隠し設定画面の入り口です。


textレイヤー追加

ではいよいよデータラベルを追加します。

まずtextレイヤー追加ボタンをクリックします。

Textレイヤー追加.png

するとtext2レイヤーが追加され、text2の編集画面になります。

この状態では「Text」という固定文字列が表示されてるだけなので、データ紐付け(Data-Binding)を行います。

設定画面を開きます。

Textバインディング設定画面を開く.png

Data-Binding Field で売上を選択して、Apply(反映)をクリックします

Textバインディング設定.png

次に Horizontal Align で右揃え、左揃え、中央揃えを設定します。

上下方向も同様です。

今回は、左右中央揃え かつ 上揃え としました。

Align設定.png

1つ目のデータラベルが表示できました。

データラベル1つ_内側上.png

なお今のデータラベルは、いわゆる内側上の状態です。


データラベルを外側に

ここからデータラベルを外側下に変更します。

Layout 設定画面を開きます

Layout設定を開く.png

上側の青い数字をクリックして微調整画面を開きます。

微調整画面を開く.png

-20pxに設定してOKボタン クリック。

微調整の設定.png

データラベルが 外側下 になりました。

データラベル_上にはみ出してて惜しい.png

しかし、残念ながら はみ出して見えないデータラベルがあります。

そんなときは上側に余白を設定するとうまく表示されます。

TopPadhingで微調整.png

完成!!

データラベル1つ完成.png


2つ目のデータラベル

2つ目のデータラベル(今回は比率)を表示させるには

textレイヤー追加の手順を繰り返すだけですが

その前に比率を Measure に追加しておきます。

データラベルの2つ目を追加するにはMesureに加える.png

Measure に追加しただけではグラフは何も変化しませんが

データ紐付け(Data-Binding)画面で選択できるようになります。

データラベル2つ目_比率の選択.png

これらを組み合わせると

(見やすいかどうかはともかく)こんなグラフも作れます。

こんなグラフもできます.png

これは“▼(三角形)”を右外側に固定表示して、ついでに色を青くして、

その下に比率を赤字で表示しています。

完成グラフ図解.png


さいごに

InfographicDesignerは間違いなく多機能なビジュアルなのですが、

残念なことに、それが使いづらさにも繋がっているのではと感じます。

でも使いこなせばグラフ表現のバリエーションが増えますよ!

というわけで以上になります。

最後までお読みいただきありがとうございます。

カスタムビジュアルInfographicDesignerダウンロードはこちらから。


関連情報


InfographicDesigner関連の記事


参考資料

(Youtube動画) infographicDesignerチャンネル

(Youtube動画) Infographic Designer Demo: Data Binding of Text Box

(Youtube動画) Infographic Designer Demo: Bar Chart for Car Sales

(Youtube動画) Infographic Designer Demo: Using Image

(Youtube動画) Infographic Designer Demo: Bar Chart with Multiple Icons

(Youtube動画) Power BI Infographics Designer - How to use Power BI infographics Quick and Easy!