Help us understand the problem. What is going on with this article?

Unity を GitHub でバージョン管理する

GitHub Desktop を久しぶりに触ったら使いやすくなっていたので、新しい記事にまとめ直してみました。
↓こちらのほうが新しい記事になります。
Unityプロジェクトのバージョン管理にはGitHub Desktopを使おう


Unity プロジェクトを GitHub を介して、複数PCで作業できるようにしていきます。

GitHub Desktop で簡単に操作できます。

私の環境

種類 バージョン
OS X El Capitan バージョン 10.11.5
Unity Version 5.3.5f1 Personal
GitHub Desktop 2016/06/29時点の最新版
  1. GitHub でリポジトリ作成

    ここでは「test_repo」という名前で作成しました。

    Kobito.h2b01Y.png

  2. GitHub からローカルPCへリポジトリを Clone する

    GitHub Desktop を使って、GitHub から Clone します。
    ローカルPCの場所はどこでも構いません。

    Kobito.JqT6KK.png

  3. Unity プロジェクトの作成

    Clone したフォルダの中に Unity プロジェクトを作成します。
    ここではプロジェクト名を「test_unity_project」にしました。
    こんな感じになっています。

    Kobito.VH50BW.png

  4. Unity プロジェクトの設定

    メニュー「Edit」→「Project Settings」→「Editor」
    Inspectorビューの Editor Settings を設定する
    Version Control の Mode を Visible Meta Files に変更する
    Asset Serialization の Mode を Force Text に変更する
    

    Unity を保存して終了する

  5. .gitignoreファイルの作成

    .gitignoreファイルを Unity プロジェクトのフォルダ内に作成します。

    .gitignore
    /[Ll]ibrary/
    /[Tt]emp/
    /[Oo]bj/
    /[Bb]uild/
    /[Bb]uilds/
    /Assets/AssetStoreTools*
    
    # Autogenerated VS/MD solution and project files
    ExportedObj/
    *.csproj
    *.unityproj
    *.sln
    *.suo
    *.tmp
    *.user
    *.userprefs
    *.pidb
    *.booproj
    *.svd
    
    # Unity3D generated meta files
    *.pidb.meta
    
    # Unity3D Generated File On Crash Reports
    sysinfo.txt
    
    # Builds
    *.apk
    *.unitypackage
    

    このように .gitignoreファイルを Unity プロジェクトのフォルダ内に置きます。

    Kobito.XswaN5.png

  6. GitHub Desktop でコミットする

    作成した Unity プロジェクトをコミットします。

    Kobito.njhR9w.png

  7. GitHub にコミットを反映する

    GitHub Desktop の Sync を実行します。
    GitHub のリポジトリを見ると、Unity プロジェクトが反映されています。

    Kobito.SG6kax.png

  8. ブランチを作成する

    ローカルPCで編集するための、作業用ブランチを作成します。
    ここでは、ブランチ名を「test_branch」にしました。

    Kobito.mqK8op.png

  9. ブランチで Unity プロジェクトを編集する

    ブランチで Unity プロジェクトを編集してコミットします。

    Kobito.xtwwra.png

  10. GitHub に Publish する

    ローカルPCのコミットを GitHub に反映するために Publish します。

    Kobito.sJKI08.png

  11. master に Pull Request する

    ブランチの変更を master に反映するために Pull Request します。

    Kobito.6MxOPP.png

  12. ブランチの変更を master に反映する

    GitHub に Pull Request が届いているので、
    「Merge pull request」をクリックして master にマージします。

    Kobito.SzkqX8.png

    「Confirm merge」をクリックしてマージを確定します。

    Kobito.Yy6pb0.png

    ブランチの変更が master に反映されたので、「Delete branch」をクリックしてブランチを削除します。

    Kobito.fnCBQa.png

以上になります。
あとは、9〜12を繰り返して開発を進めていきます。

別のPCで作業するときは、最初に、2のCloneと、8のブランチ作成をします。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした