Edited at

Flutter 1.9でFlutter for Webが統合されたので再び軽く触ってみた


Flutterをmaster channelに変更する

master channelでないと動かないようなので、master channelに変更する。

$ flutter channel master


Flutterを1.9以上に上げる

flutterを1.9以上にする必要があるので、flutter upgradeで使っているflutterのバージョンを上げる。

$ flutter upgrade


Webサポートを有効にする

$ flutter config --enable-web

flutter config --enable-webの実行により下記のファイルに"enable-web": trueが追加されます。ファイルが存在しない場合には、ファイルが作成されて追記されます。


~/.flutter_settings

{

"enable-web": true
}


プロジェクトを作成する

flutter createでも、Android Studio等からのGUI生成でも好きなやり方でプロジェクトを作成。

$ flutter create integrated_flutter_web

初めからwebディレクトリが追加されるようになります。

deviceにchromeが追加されます。


Web版を実行して表示する

$ flutter run -d chrome


リリースビルドを実行する

$ flutter build web


注意点等


  • リポジトリが統合されただけでテクニカルプレビューである点は変わらないです。

  • flutter_webからのマイグレーションはこちら

  • ホットリロードは対応してない模様


参考

Flutter Web FAQ

Building a web application with Flutter


関連


最近試したもの


昔試したもの

統合されたのでwebdevコマンド使っている箇所はすべて読み替える必要があります。

諸々更新されているので、今も正しいやりかたか(当時も実験としてやっていたので正しかったか)はわかりません。