Azure
Unity
HoloLens

[実践編]HoloLens上でクラウド上を使いたい

More than 1 year has passed since last update.

HoloLensアプリ開発に向けての記事をずっと書いていますが。久しぶりにHoloLensに直接関係する記事です。

前提

Microsoft Azure上のデータをホロレンズで拾う
別記事(UnityでWWWを使って画像・テキスト・動画ファイルを読み込む)内でEditor上で行っていたことをHoloLens上でも行いたい。

Version

  • Unity: 5.6.1f1 Personal
  • HoloLens:
    • Version:Windows Holographic OS:10.0.14393.1358

Problématique

  • HoloLens上でWWWクラスを使えない。(定番の実機では動かない)
  • UnityWebRequestとやらで試すがエラー吐。

Cannot resolve destination host(写真のエラーと異なります。後述。)
20170707_051437_HoloLens.jpeg

灯台もと暗し

PlayerSetting -> Publishing Settings -> InternetClientもしくはInternetClientServerにチェック。

それぞれの役割を明確にわかっていないため念のため両方にチェックしましたが、現在までのところはどちらか一つで十分な模様。

InternetClientについての詳細はCapability (Windows Dev Center)

なおprivateNetworkClientServerだけをチェックすると上の画像のエラーCannot connect to destination hostが表示されます。

結果

すばらしい
結果、WWWクラスは正常に使え、UnityWebRequestにお世話になるのはまた先の話になりそう。

HoloLensアプリ開発記事一覧

こちらから