search
LoginSignup
15

More than 1 year has passed since last update.

posted at

updated at

Laravel で HelloWorld

Laravel のインストールが完了してから、HelloWorld を表示するプログラムを作ります。

Laravel のインストールはこちら
Laravel 5.6 インストール

Ubuntu 20.10 の場合
sudo apt install php-zip
sudo apt install php-mbstring
composer global require "laravel/installer"
PATH の設定

export PATH=$HOME/.config/composer/vendor/bin:$PATH

完成すると次のような表示がされます。
laravel_feb1502.png

参考にしたページ
HelloWorldの表示

laravel コマンドがインストールされているかの確認

$ which laravel
/home/uchida/.config/composer/vendor/bin/laravel

1) プロジェクトの作成

laravel new helloworld

2) パーミッションの変更

cd helloworld
chmod -R 0777 storage
chmod -R 0777 bootstrap/cache

3) この段階でサーバーを動かす

php artisan serve --host 0.0.0.0

http://0.0.0.0:8000 にアクセスする
laravel_feb1501.png

Laravel のバージョンの確認

$ php artisan --version
Laravel Framework 8.82.0

4) routes/web.php を編集
最後に1行を加える

Route::get('/', function () {
    return view('welcome');
});

Route::get('hello', 'App\Http\Controllers\HelloController@index');

5) コントローラーの作成

php artisan make:controller HelloController

6) app/Http/Controllers/HelloController.php の編集

app/Http/Controllers/HelloController.php
<?php

namespace App\Http\Controllers;

use Illuminate\Http\Request;

class HelloController extends Controller
{
    //
  public function index()
  {
    return view('hello');
  }
}

7) resources/views/hello.blade.php の作成

resources/views/hello.blade.php
<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
  <meta charset="UTF-8">
  <title>My First Page</title>
</head>
<body>
  <h2>Hello World!!</h2>
  <p>皆さんこんにちは</p>
<p>Feb/15/2021</p>
</body>
</html>

8) サーバーを動かします。

php artisan serve --host 0.0.0.0

http://0.0.0.0:8000/hello にアクセスする

もし、何かタイプミスがあると、次のようになります。
laravel_jun0401.png

タイプミスを修正すれば、冒頭の画面が表示されます。

次の環境で確認しました。

$ uname -a
Linux iwata 5.13.0-27-generic #29-Ubuntu SMP Wed Jan 12 17:36:47 UTC 2022 x86_64 x86_64 x86_64 GNU/Linux

$ php --version
PHP 8.0.8 (cli) (built: Oct 26 2021 11:42:42) ( NTS )
Copyright (c) The PHP Group
Zend Engine v4.0.8, Copyright (c) Zend Technologies
    with Zend OPcache v8.0.8, Copyright (c), by Zend Technologies

$ php artisan --version
Laravel Framework 8.82.0

もう少し複雑なサンプルです。

Laravel でデータの受け渡し
Laravel で MariaDB のデータを表示

参考
Composer のインストール方法

php -r "copy('https://getcomposer.org/installer', 'composer-setup.php');"
sudo php composer-setup.php --install-dir=/usr/bin  --filename=composer;

バージョンの確認

$ composer --version
Composer version 2.0.9 2021-01-27 16:09:27

参考ページ
composer self-update で Command "self-update" is not defined. と表示される場合

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
15