tmux

tmux メモ

image.png

参考サイト

はじめに

ステータスバーの設定などを自分でやりたくないので,素のscreentmuxを使わずに,ラッパーのbyobuを使う.
byobu-tmux -Vすると,tmuxのversionが分かるが,mouse-modeの設定が2.1から変わっているので注意.
以下は2.1だとして進める.

4分割してそれぞれにコマンドを送る

byobu-tmux new-session -d -s "test-session" -n "aiueo"
byobu-tmux set-option prefix C-t
byobu-tmux set-option mouse on
byobu-tmux set-option mode-keys emacs
byobu-tmux split-window -h
byobu-tmux split-window -v -t aiueo.0
byobu-tmux split-window -v -t aiueo.1

した状態でbyobu-tmuxすると
image.png
となる.

byobu-tmux send-keys -t test-session:aiueo.0 'echo 0' C-m
byobu-tmux send-keys -t test-session:aiueo.1 'echo 1' C-m
byobu-tmux send-keys -t test-session:aiueo.2 'echo 2' C-m
byobu-tmux send-keys -t test-session:aiueo.3 'echo 3' C-m

とすると,それぞれのpaneにコマンドが送れる.

残念ポイントとしては,

  • paneにユニークな名前を付けられないこと
  • status barが1行であること

前者については,

byobu-tmux kill-pane -t test-session:aiueo.0

でpaneを消すこともできるが,一旦消すとpaneのIDが0から振り直されるので,

  • pane 0: program A
  • pane 1: program B
  • pane 2: program C
  • pane 3: program D

としたときに,program Cを消してから,program Dを消す,というときに

byobu-tmux kill-pane -t test-session:aiueo.2
byobu-tmux kill-pane -t test-session:aiueo.3

ではなくて

byobu-tmux kill-pane -t test-session:aiueo.2
byobu-tmux kill-pane -t test-session:aiueo.2

としないといけない.