Help us understand the problem. What is going on with this article?

【クラウド初心者向け】Amazon Connectの問い合わせフロー作成

概要

  • かかってきた電話をどう処理するか流れを決められます。
  • 電話番号やお客様の選択によって処理を分ける事ができます。
  • ログの取得ができます。

使用ユーザー

  • IAMユーザー

手順

  1. AWSにサインインします。

    1. アカウント、ユーザー名、パスワードを入力してサインインします。
      アカウント内(IAM)で作成したユーザーを使用してコンソールにサインインする
  2. 『AWSマネジメントコンソール』画面の右上にある《リージョン名》をクリックし、ドロップダウンます。
    image.png

  3. 『AWSマネジメントコンソール』画面にある「サービスを検索」にConnectと入力し、検索結果から《Amazon Connect》をクリックし、Amazon Connect コンソール(https://console.aws.amazon.com/connect/)を開きます。
    image.png

  4. Amazon Connectのインスタンス一覧が表示されるので、該当のインスタンスをクリックします。
    image.png

  5. インスタンスの概要が表示されるので《管理者としてログイン》をクリックします。
    image.png

  6. ダッシュボードの左側のメニューから《問い合わせフロー》をクリックします。
    image.png

  7. 《問い合わせフローの作成》をクリックします。
    image.png

  8. フローの作成画面が表示されます。ここにフローを作成していきます。
    image.png

  9. 左側メニューから「設定」をクリックします。
    image.png
    注:以降この説明の画面キャプチャーは省略します。

  10. フロー部分に《音声の設定》をドラッグ&ドロップし、タイトル部分をクリックします。
    image.png

  11. 右側に「音声の設定」画面が表示されるので以下の設定をし、《Save》をクリックします。
    主に「プロンプトの再生」で話す音声の設定になります。
    image.png

    1. 言語:日本語を選択します。
    2. 音声:適当な音声を選択します。(男性か女性の分けになっています)
  12. 「エントリポイント」の成功(赤丸部分)から「音声の設定」(赤丸部分)までドラッグ&ドロップしオブジェクト同志を矢印で接続します。
    矢印でつなぐことにより、前の処理が終わったら次の処理へという流れができます。
    image.png

  13. 左側メニューの「設定」から《ログ記録動作の設定》をフロー部分にドラッグ&ドロップし、オブジェクト同志を矢印で接続します。
    image.png

  14. 左側メニューの「設定」から《通話記録動作の設定》をフロー部分にドラッグ&ドロップし、オブジェクト同志を矢印で接続後に《通話記録動作の設定》のタイトル部分をクリックします。
    image.png

  15. 右側に「通話記録動作の設定」画面が表示されるので、「エージェントAND顧客」を選択して《Save》をクリックします。
    image.png

  16. 左側メニューの「操作」から《プロンプトの再生》をフロー部分にドラッグ&ドロップし、オブジェクト同志を矢印で接続後に《プロンプトの再生》のタイトル部分をクリックします。
    image.png

  17. 右側に「プロンプトの再生」画面が表示されるので、以下の項目を選択、入力して《Save》をクリックします。
    image.png

    1. テキスト読み上げまたはチャットテキスト:選択します。
    2. テキストの入力:選択し、音声案内する文言を入力します。
  18. 左側メニューの「設定」から《キューの設定》をフロー部分にドラッグ&ドロップし、オブジェクト同志を矢印で接続後に《キューの設定》のタイトル部分をクリックします。
    image.png

  19. 右側に「キューの設定」画面が表示されるので、、以下の項目を選択、入力して《Save》をクリックします。
    image.png

    1. キュー別:選択します。
    2. キューの選択:選択し、【クラウド初心者向け】Amazon Connectのキュー作成で作成したキューを選択します。
  20. 左側メニューの「終了/転送」から《キューへ転送》と《切断/ハングアップ》をフロー部分にドラッグ&ドロップし、オブジェクト同志を矢印で接続します。
    image.png

  21. 《キューへ転送》と《切断/ハングアップ》オブジェクト同志を矢印で接続します。
    image.png

  22. 左上の「名前の入力」に適当な名前を入力し、右上の《公開》をクリックします。
    image.png

  23. 《公開》をクリックします。
    image.png

  24. これで問い合わせフローが完成しました。最後に電話番号に関連づければ完成します。

  25. 左側のメニューから《電話番号》をクリックします。
    image.png

  26. 【クラウド初心者向け】Amazon Connectの電話番号取得で取得した電話番号を選択します。
    image.png

  27. 「問い合わせフロー/IVR」に先ほど作成した問い合わせフローを選択して《保存》をクリックします。
    image.png

目次に戻る

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away