Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
Help us understand the problem. What is going on with this article?

Call for Code 自然災害アプリ開発時や情報収集に役立つサイトやコミュニティ

More than 1 year has passed since last update.

皆さん、こんにちは。戸倉彩です。

世界で2,200万人の開発者、私達は、どのようにして自然災害の社会問題を解決できる可能性を高められるのか?という問題に対して、今年5月から各国の団体や専門家、そして多くの開発者が立ち上がり Call for Code (コールフォーコード)」という取り組みが始まりました。

今回は、自然災害に役立つソリューションを開発し、インターネットを通じて応募するコンペティション2018年の Code for Code チャレンジ への参加を検討したり、参加の準備を進めていく際のチームビルディングや技術的なお悩みなどを解決するために頼れるサイトやコミュニティをご紹介いたします。

【参考情報】IBM Call for Codeで自然災害に技術で立ち向かってみよう(参加編) by @ssakaigawa

IBM Coder Program - グローバル

IBM Coder Program」は、IBMが運用管理している 開発者同士がIBM CloudやCall for Codeに関する情報交換 ができるサイトです。閲覧するためには、IBMID(無料登録制) が必要です。

https://ibmcoders.influitive.com/discussions

★最近、「Call for Code - 日本語」トピックが立てられていたので、日本語でコミュニケーションされたい方はチェックしてみてください。

IBM Developer Advocate Tokyo City Team - 日本

国内の、IBMデベロッパーアドボケイト東京チームも、Call for Codeを応援しています。開発者向けに最新情報や、IBM Cloudを中心に、日本語で技術的な情報発信しています。開発者向けイベントやコミュニティなどに出向いて直接、情報交換したりお悩み相談を行なったりもしていますので、どこかで見かけた時には気軽に声をかけてみてください。

Twitter - IBM CODE TOKYO

  1. Twitterアカウントを持ってない場合には、アカウント登録をする
  2. Twitter @IBMCodeTokyo アカウントをフォローする。

IBM Code Patterns (サンプルコード集)

6月に、IBMは日本語のサンプルコード集 IBM Code Patterns (https://developer.ibm.com/jp/patterns/) を公開しました。現在、100を超えるパターンが翻訳され、使いたいテクノロジーからパターンを探し、自由に試してみることができます。コード自体はすべて各パターンごとにGitHubに公開されています。

YouTube - Tokyo IBM Code

YouTube チャンネル「Tokyo IBM Code」 が開設され、IBMが公開しているサンプルコード集 IBM Code Pattern のパターンごとに、日本語でデモを交えた解説動画が随時公開されています。15〜20分程度のコンテンツが多いので、ちょっとした時間にも視聴できます。

Bluemix User Group(BMXUG)- 日本

Bluemix User Group(BMXUG -ビーザグ)は、アプリケーション構築/管理/実行のためのオープン・スタンダードとクラウドをベースとした次世代PaaS「IBM Cloud(旧Bluemix)」の利用促進や情報交換のためのユーザーグループです。

2018 Call for Codeチャレンジへの応募作品には、IBM Cloudを利用することが条件になっていますので、BMXUGに参加し、IBM Cloudに関する技術的な情報収集や情報交換するのもオススメです。

Slack - BMXUG

  1. https://bmxug.slack.com/ にアクセスする。
  2. メールアドレスを入力して「SUBMIT」ボタンを選択する。
  3. 登録したメールアドレス宛にSlackから招待メールが届く。※必要に応じて @slack.com ドメインを受信できるように設定する。
  4. メール内の「Join Now」ボタンを選択して参加する。
    ★現在、#Callforcode チャンネルが作られ、その中で有志の方によるCall for Code参加規約の翻訳に関する情報案内や、チームビルディングなどに関する情報交換が行われています。

Facebook グループ - Bluemix User Group(BMXUG)

  1. Facebookアカウントを持ってない場合には、アカウント登録 をする。
  2. https://www.facebook.com/groups/bmxug/about/ にアクセスする。
  3. 「 + グループに参加」を選択する。

Twitter - BMXUG

  1. Twitterアカウントを持ってない場合には、アカウント登録をする
  2. Twitter @bluemixjp アカウントをフォローする。

今回は以上です。

Have a nice Geek Life♪

※Twitterで最新情報配信中 @ayatokura

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away