LoginSignup
2
1

More than 1 year has passed since last update.

php-fpm on Docker

Last updated at Posted at 2023-05-05

当研究室のシステム

概要

後々apache2と組み合わせるが,ここではphp-fpmのみを考える.
php - Official Imageを利用するが,phpモジュールをインストールするのでdocker pullでそのままイメージを利用するのではなくベースイメージ(DockerfileのFROM)として用いる.

前提

  • 使用イメージ
    • php:8.2.5-fpm-bullseye
      • alpineは(特にdnsのsearchが効かないところで)ハマったのでbullseyeを利用
  • phpモジュールのインストール
  • apache2とのやり取り
    • unix socketを想定
      • /var/run/php-fpm/php-fpm.sock経由
  • 作業ディレクトリ
    • ~/Docker/php-fpm/
      • Dockerfile, docker-compose.yml置き場

設定

以下のDockerfile, docker-compose.ymlを準備.
phpモジュールとしてcurlを書いてあるが,これはデフォルトで入っている.よって書かなくて良い.ここでは「ここにモジュール名を羅列する」ことを明記するために書いてある.他のphpモジュールをインストールする場合,curlの後ろにスペース区切りで追記することになる.

~/Docker/php-fpm/Dockerfile
FROM php:8.1.18-fpm-bullseye

RUN set -x && \
    curl -sSLf \
        -o /usr/local/bin/install-php-extensions \
        https://github.com/mlocati/docker-php-extension-installer/releases/latest/download/install-php-extensions && \
    chmod +x /usr/local/bin/install-php-extensions && \
    install-php-extensions curl

ENV TZ=Asia/Tokyo

# Use the default production configuration
RUN mv "$PHP_INI_DIR/php.ini-production" "$PHP_INI_DIR/php.ini" && \
    sed -i 's/memory_limit = 128M/memory_limit = -1/' "$PHP_INI_DIR/php.ini" && \
    sed -i 's/post_max_size = 8M/post_max_size = 20480M/' "$PHP_INI_DIR/php.ini" && \
    sed -i 's/upload_max_filesize = 2M/upload_max_filesize = 20480M/' "$PHP_INI_DIR/php.ini" && \
    sed -i 's/max_execution_time = 30/max_execution_time = 600/' "$PHP_INI_DIR/php.ini" && \
    sed -i 's/;max_input_vars = 1000/max_input_vars = 5000/' "$PHP_INI_DIR/php.ini" && \
    cp /usr/local/etc/php-fpm.d/www.conf /usr/local/etc/php-fpm.d/zzz-www.conf && \
    sed -i 's!pm.max_children = 5!pm.max_children = 10!' /usr/local/etc/php-fpm.d/zzz-www.conf && \
    sed -i 's!listen = 127.0.0.1:9000!listen = /var/run/php-fpm/php-fpm.sock!' /usr/local/etc/php-fpm.d/zzz-www.conf && \
    sed -i 's!;listen.owner = www-data!listen.owner = www-data!' /usr/local/etc/php-fpm.d/zzz-www.conf && \
    sed -i 's!;listen.mode = 0660!listen.mode = 0660!' /usr/local/etc/php-fpm.d/zzz-www.conf
~/Docker/php-fpm/docker-compose.yml
version: '3.9'
    
services:
  php-fpm:
    build: . 
    image: nek/php-fpm:latest
    container_name: php-fpm
    hostname: php-fpm
    restart: always
    volumes:
      - socket:/var/run/php-fpm
      - /etc/group:/etc/group:ro
      - /etc/passwd:/etc/passwd:ro

ハマりポイント

php-fpm.d/*.conf

php-fpmでは最後に読み込んだconfのみ有効になる上,zz-docker.confが存在する.そのためwww.confをいじっても有効にならない.
そこでwww.confzzz-www.confとしてコピーし,最後に読み込まれる(同ディレクトリ内にてアルファベット順で最後になる)ようにして設定を書き込む.

user, groupについて

連携させるapache2とphp-fpmでwww-dataのuid,gidが異なる.例えばapache2ではwww-data(33)であるがphp-fpmではwww(82)である.
そのためホストの/etc/group/etc/passwdをマウントし,uid, gidを合わせている.apache2, nginxのオフィシャルイメージを使えば問題なかったのだろうが...

ハマるほどではないけれど?

8.2系から少し変わったようで,nextcloudでUsing ${var} in strings is deprecated,...というエラーがでる.
いやなので8.1.18を使用する.

運用

起動

cd ~/Docker/php-fpm
docker compose up -d

起動確認

php-fpm.sockの作成まで出来ているか確認.

docker container exec -it php-fpm bash
cd /var/run/php-fpm
ls # php-fpm.sockが見えている? 

参考

2
1
0

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
  3. You can use dark theme
What you can do with signing up
2
1