Help us understand the problem. What is going on with this article?

【ArchLinux】最高のログイン画面

ログイン画面

ログイン画面はパソコンを起動したとき、最初に意識する画面です。
LinuxでGUIにログインする場合はたいてい、ディスプレイマネージャーを起動させます。
反Gnomeである私はGnomeDisplayManagerが使いたくないため、ずっとLightDMを使用しています。

しかし、デフォルトのlightdm-gtk-greeterははっきりいって汚く、とてもエレガントとは言えません。
LightDMにはGreeterという機能により見た目をカスタマイズできるのですが、ArchLinuxに対応しているGreeterはものすごく少ないのです。

  • lightdm-gtk-greeter
  • lightdm-slick-greeter
  • lightdm-deepin-greeter

まともにインストールできるものだと、これくらいしかありません。更に、これらのものはどれも問題を抱えています。
lightdm-gtk-greeterは汚いし、lightdm-slick-greeterは設定が適用されません。lightdm-deepin-greeterはデスクトップ環境であるDeepinそのものが依存関係になっているため、Greeterを使いたいだけなのに大量のディスク容量を使用してしまいます。

そんな状況を打開しようと、ArchWikiを漁った結果見つけたのがlightdm-webkit2-greeterです。
存在は知っていたのですが、Greeterの説明を見てもよくわからなかったのでずっと放置していました。

しかし、他のGreeterがまともに使えず、諦めていたので試しにインストールしてみたら天国でした。

lightdm-webkit2-greeter

このGreeterはHTMLとJSで自由にテーマを変更できます。そしてすでに完成しているテーマがネット上にたくさん公開されています。
GitHubで見つけただけでも数十個ありました。
その中から、Adaptaテーマに合っているテーマを厳選して2つ紹介したいと思います。

Greeterの導入

インストール

テーマの土台となるGreeterを入れないと話が始まらないためまずはGreeterをインストールしましょう。
AURから導入するため、先にyayをインストールしておいてください。

yay -S lightdm-webkit2-greeter

インストールが完了したらGreeterを変更していきます。

設定の適用

sudo nano /etc/lightdm/lightdm.conf

Root権限でnanoを起動し、[Seat:*]にある

/etc/lightdm/lightdm.conf
...
#greeter-session=
...

/etc/lightdm/lightdm.conf
...
greeter-session=lightdm-webkit2-greeter

に変更してください。

これでGreeterの適用は完了です。

テーマ紹介

テーマは自分で探してもいいですが、lightdm-webkit-greeter用とlightdm-webkit2-greeter用とがあるので注意してください。

lightdm-theme-sapphire

スクリーンショットは公式GitHubから引用。
image.png

非常に洗練されて高機能なテーマです。
こちらのページでデモを試すこともできます。

ソースコードはこちらです。

インストール

AURにあるため簡単にインストールできます。

yay -S  lightdm-webkit2-theme-sapphire

lightdm-webkit-modern-arch-theme

スクリーンショットは公式GitHubから引用
imagess.png

lightdm-deepin-greeterのようなmacOSのような雰囲気のテーマです。
UIがとてもきれいです。
公式にはデモページがあったのですが、2019/10/18現在ではリンク切れしています。

インストール

こちらはAURにないため手動でインストールする必要があります。

cd
git clone https://github.com/lveteau/lightdm-webkit-modern-arch-theme.git
cd lightdm-webkit-modern-arch-theme
sudo ./install.sh
sudo rm /usr/share/lightdm-webkit/themes/ltheme/README.md
cd
rm -r  lightdm-webkit-modern-arch-theme

背景画像の変更

このテーマではGUIの設定が用意されていないため、背景の画像を変更するには直接差し替える必要があります。

sudo mv /usr/share/lightdm-webkit/themes/ltheme/main-bg.png main-bg.png.bak
sudo cp /path/to/background/image.png /usr/share/lightdm-webkit/themes/ltheme/

テーマ適用

テーマの適用は/etc/lightdm/lightdm-webkit2-greeter.confを編集して行います。
[greeter]webkit_themeの値を変更します。
設定できる値は以下のコマンドで確認できます。

ls /usr/share/lightdm-webkit/themes/

今回は「lightdm-webkit-modern-arch-theme」が入っているlthemeを設定してみます

/etc/lightdm/lightdm-webkit2-greeter.conf
...
[greeter]
debug_mode          = false
detect_theme_errors = true
screensaver_timeout = 300
secure_mode         = true
time_format         = LT
time_language       = auto
webkit_theme        = ltheme
...

ログアウトしてみて設定が適用されているか確認してください。

Hayao0819
Fascode所属、AlterLinux開発担当。 ArchLinuxの派生OSを開発、theShellの日本語化も行っています。 Serene-Startdashなどシェルスクリプトを利用したものを開発しています。
https://fascode.net/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした