Help us understand the problem. What is going on with this article?

AWS EC2インスタンスの複製をしてみた。その1(備忘録)

AWSを勉強しています。

EC2インスタンスのSnapshotをとり、バックアップの複製に挑戦しました。
その備忘録となります。

全7編です。
その1https://qiita.com/Bikeiken-IT/items/b0762a293e231898066f
その2https://qiita.com/Bikeiken-IT/items/5cf4bb3203ce27faf567
その3https://qiita.com/Bikeiken-IT/items/d8b1f731334c4f179447
その4https://qiita.com/Bikeiken-IT/items/5b6d1e3ab5573c081ba8
その5https://qiita.com/Bikeiken-IT/items/6c885d40fd92b1a6dee9
その6https://qiita.com/Bikeiken-IT/items/e1b80cc6cf2cbced5440
その7https://qiita.com/Bikeiken-IT/items/baac8bd1e4cfdfe3af51

まず、AWSのマネージメントコンソールを開き、AWSサービスからEC2を選択。
step1.png
これからベースとなるEC2インスタンスを作成します。
〇で囲まれた”インスタンスの作成”のボタンを押して、インスタンスの作成を開始します。
step2.png
インスタンスの作成を開始すると、初めにインスタンスの基礎となるOSのマシンイメージを選択します。
今回は無料枠のLinuxのAMI(Amazon Machine Image)を選択します。
step3.png
インスタンスタイプの選択では、先ほど選択したAMIの中身の詳細仕様を設定します。
CPUやストレージなど、あらかじめ決められた仕様のインスタンスタイプから選択します。
今回はt2.microを選択します。
step4.png
インスタンスの詳細設定では、インスタンスの周りの詳細設定となります。
ここではIAM(Identity and Access Management)のようなインスタンスに対するアクセス制限や、EC2インスタンスが置かれるVPCおよびVPC内のサブネットの設定など、様々な設定が出来ます。
今回はデフォルトのままにしておきます。

その2に続きます。https://qiita.com/Bikeiken-IT/items/5cf4bb3203ce27faf567

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away