Edited at

All About ACS: IBM i Access Client Solutions の入手方法

More than 1 year has passed since last update.


ACS の入手

ACS は Base、Windows Application Package、Linux Application Package に分かれて提供されています。

パッケージにより入手方法が違います。また入手方法により更新頻度が変わります。


3つの入手方法

ACS Base Package には3つの入手方法が存在します。


専用ダウンロードページからダウンロード

Access Client Solutions の サイト に記載された Download IBM i Access Client Solutions base package のリンクからダウンロードする方法です。

IBM ID でのログインが必要ですが、このIBM IDは、IBM i を保有する IBM Customer Number(ICN) に関連付けられている必要はありません。

Java で稼働する Base Package と 5250 API である EHLLAPI をACS でも利用する EHLLAPI Enablement Tool がダウンロードできます。EHLLAPI Enablement Tool は、他の方法ではダウンロートできません。

実際のステップは IBM i Access Client Solutions - Base Package の専用ページからのダウンロード をご覧ください。


ESS サイトからダウンロード

IBM i の導入メディアと同様に Entitled Software Support(ESS) のサイトからダウンロードする方法です。

IBM i を保有する IBM Customer Number(ICN) に関連付けられているIBM ID でのログインが必要です。

Windows Application Package と Linux Application Package は、ESS からしか入手できません。

Base Package もこちらでダウンロードできますが、5250 API である EHLLAPI を ACS でも利用する EHLLAPI Enablement Tool は、ここからはダウンロートできません。

実際のステップは IBM i Access Client Solutions - ESSからのダウンロード (Base, Win-AP, Linux-AP) をご覧ください。

サイト には、下記が記載されています。


These optional packages are only available for download on the Entitled Systems Support (ESS) website under 5761-SS1 or 5770-SS1.



メディアでの入手

IBM i (5761-SS1 か 5770-SS1) に対してリフレッシュフィーチャー「6288」をオーダーすると ACS のメディアが入手できます。

ただし Windows Application Package と Linux Application Package は含まれていません。

サイト には、下記が記載されています。


Customers requiring physical media can acquire it by ordering refresh feature 6288 for 5761-SS1 or 5770-SS1. Physical media is not available for the Windows and Linux optional packages.



どの入手方法を使うか

Windows Application Package と Linux Application Package は、ESS からしか入手できませんので Entitled Software Support(ESS) の一択です。

実際のステップは IBM i Access Client Solutions - ESSからのダウンロード (Base, Win-AP, Linux-AP) をご覧ください。

Base Package は、どの方法でも入手できますが、手軽さと新しさを考えると Download IBM i Access Client Solutions base package のリンクが私のお勧めです。

手順は IBM i Access Client Solutions - Base Package の専用ページからのダウンロードをご覧ください。

最新版は、まず、こちらで公開され、数日の後に Entitled Software Support(ESS) でも利用可能になります。

Base Package と Application Package の更新タイミングはことなるので、サイトを使い分けることに極端な不便は感じないと思います。

(二つの Application Package はこれまでのところ、同時に更新されています)

5250 API である EHLLAPI をACS でも利用する EHLLAPI Enablement Tool は専用ページからのしかダウンロードできません。

専用ページ
ESS
メディア

Base Package


Windows Application Package
×

×

Linux Application Package
×

×

Enablement Tool

×
×


「All About ACS」では IBM i に対する新しいクライアント「IBM i Access Client Solutions」の情報をいろいろ提供していきます。

記事一覧はこちらで確認いたけます。

許可の無い転載を禁じます。

この記事は筆者の個人的な責任で無保証で提供しています。

当記事に関してIBMやビジネスパートナーに問い合わせることは、固くお断りします。