Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
Help us understand the problem. What is going on with this article?

MacでAmazon WorkSpacesを高速起動から使用する

More than 1 year has passed since last update.

Amazon linux2と合わせて『Amazon Linux WorkSpaces 提供開始のおしらせ』を見て、VDIにも興味があり『Amazon WorkSpaces 高速セットアップを開始する - Amazon WorkSpaces』を参考にMacでAmazon Linux WorkSpacesを使用してみました。

今回は、クライアントソフトをMacにインストールしましたが、俺の本当にやりたいことは実は「Amazon WorkSpaces Web Access」です。

例えば、自分のWorkSpacesを『Huawei P10でAmazon WorkSpacesを試す - EPISODE 02』のように使ったり、それこそVRの中で『第70回:VR空間へ自由にウィンドウを展開できる仮想デスクトップアプリ「Virtual Desktop」 - 杜のVR部 - 窓の杜』『VR空間で物理キーボード入力を可能にする「BRIDGE」、開発者キットをリリース予定 | VR Inside』を合わせるようなイメージでいつか使えたらかっこいいなと思っています。

デスクトップ仮想化(VDI)とは
VDI(Virtual Desktop Infrastructure:仮想デスクトップ基盤)は、ユーザーが使用する端末(クライアント端末)の機能は必要最小限にとどめ、アプリケーション、データをサーバー上に集約し、処理を行う仕組みのことをいいます。
参考:VDI(デスクトップ仮想化)とは | シンクライアントとの違い・サービス比較 - VDI(デスクトップ仮想化) | ボクシルマガジン

バージョン情報

  • Mac OS 10.11.6(El Capitan)
  • amazon WorkSpaces Version 2.4.7.771
  • Amazon Linux 2 AMI (HVM)

事前に用意しておく必要があるもの

  • AWSアカウント

その他情報

AWSコンソールにログイン

クラウドならアマゾン ウェブ サービス 【AWS 公式】に自分のアカウントとパスワードでログインします。

WorkSpaces起動

バンドルを選択しユーザーを追加作成してWorkSpaces起動します。

AWSサービス選択

AWSサービスからWorkSpacesを検索して選択します。

set-amazon-workspaces-on-mac_01.jpg

WorkSpaces設定開始

[ 今すぐ始める ]をクリックします。

set-amazon-workspaces-on-mac_02.jpg

開始方法選択

高速セットアップの[ 起動 ]をクリックします。

set-amazon-workspaces-on-mac_03.jpg

バンドル選択

使用したいバンドルを選択します。無料利用枠の対象になっているものもあります。リージョンによって料金が少し異なるみたいです。
参考:料金 - Amazon WorkSpaces(仮想クラウドデスクトップ) | AWS

set-amazon-workspaces-on-mac_04.jpg

[ すべてのソフトウェア ]でWindowsバンドルにはMicrosoft Officeも別途追加できるもことが確認できます。

set-amazon-workspaces-on-mac_05.jpg

今回は、無料利用枠の対象になっている[ Standard with Amazon linux 2 ]を言語は[ Japanese(日本語) ]で選択しました。[ ユーザー詳細の入力 ]を行い[ WorkSpaceの起動 ]をクリックします。

set-amazon-workspaces-on-mac_06.jpg

WorkSpace起動

[ WorkSpacesコンソールを表示します ]をクリックします。

set-amazon-workspaces-on-mac_07.jpg

ステータスが[ AVAILABLE ]になったら追加作成したユーザーのE-メールアドレス宛にWorkSpacesへのログイン手順が送信されます。

set-amazon-workspaces-on-mac_09.jpg

WorkSpaces接続

ユーザー認証設定を行い、クライアントを起動してWorkSpacesに接続します。

接続手順確認

受信したE-メールに記載されている[ 利用手順 ]と[ 登録コード ]を確認します。

set-amazon-workspaces-on-mac_10.jpg

ユーザー認証設定

ユーザー情報を入力しパスワードを設定します。

パスワードは大文字と小文字が区別され、8〜64 文字の長さにする必要があります。パスワードには、小文字(a 〜 z)、大文字(A 〜 Z)、数字(0 〜 9)の 3 つのカテゴリの少なくとも 1 つの文字が含まれており、~!@#$%^&*_-+=`|(){}[]:;"'<>,.?/ が設定されていなければなりません。
参考:Amazon WorkSpaces 高速セットアップを開始する - Amazon WorkSpaces

set-amazon-workspaces-on-mac_11.jpg

クライアントダウンロード

デバイスに合わせてクライアントをダウンロードします。今回はMac OS Xをダウンロードしました(本当はWeb Accessを使用したいのですが俺の知識・理解不足です)。
参考:【新機能】Amazon WorkSpacesがWebブラウザからアクセスできるようになりました。 | Developers.IO

set-amazon-workspaces-on-mac_12.jpg

クライアントインストール

ダウンロードしたクライアントをインストールして起動します。

set-amazon-workspaces-on-mac_13.jpg

WorkSpaces接続

受信したE-メールに記載されていた[ 登録コード ]を入力して[ Register ]をクリックします。

set-amazon-workspaces-on-mac_14.jpg

ユーザー認証設定で使用した[ Username ]と[ Password ]を入力し[ Sign in ]をクリックします。

set-amazon-workspaces-on-mac_15.jpg

[ Amazon Work Spaces ]にアクセスできました。実は、まだ特に具体的な使い方は思いつかないのですが、今後も引き続きAmazon Work Spacesのチェックしていきたいと思います。

set-amazon-workspaces-on-mac_16.jpg

WorkSpaces上の様子

[ LibreOffice ]や[ GIMP ]がインストールされていました。

set-amazon-workspaces-on-mac_17.jpg

テキストドキュメントを作成してWorkSpacesのデスクトップ上に保存してみました。

set-amazon-workspaces-on-mac_18.jpg

set-amazon-workspaces-on-mac_19.jpg

ターミナルを使用してWorkSpacesのOSに関する情報を表示してみました。

set-amazon-workspaces-on-mac_20.jpg

WorkSpaces削除

以下の参考内容に注意し不要になったWorkSpacesを削除します。
参考:ステップ 3: クリーンアップする(オプション)

WorkSpaces削除

削除したいWorkSpacesを選択し[ アクション ]から[ WorkSpacesの削除 ]を選択すると削除が開始されます。

set-amazon-workspaces-on-mac_21.jpg

set-amazon-workspaces-on-mac_22.jpg

ディレクトリの削除

削除したいディレクトリを選択し[ アクション ]から[ 登録解除 ]を選択します。

set-amazon-workspaces-on-mac_23.jpg

[ アクション ]から[ 削除 ]を選択します。

set-amazon-workspaces-on-mac_24.jpg

関連
参考
2no553
インターネットと自由を愛するマークアップエンジニア兼クラウドエンジニア。20代は教師目指して働いたり、ボランティアしたり色々やって、ニートからバックパッカーとして世界一周、その後に30歳で未経験からWebプログラマーに転職。中国移住を目指して神奈川から福岡に移住し、今、西を目指し中。人生は何事も気楽が一番!
https://ninolog.com/profile/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away