Help us understand the problem. What is going on with this article?

【備忘録】ゼロから入れるWindows 10にTensorflow1.12をインストール (with Anaconda3)

More than 1 year has passed since last update.

はじめに

Windows10上のTensorflowがちょくちょく動かなくなったり、新しいバージョンを入れたりすると環境が壊れることがよくなるので、再インストールすることも多いので備忘録です。
Docker使えっていう突込みはご遠慮ください。。。
2018/12/15時点です。

最新版(Anaconda3 3.5.1)でTensorflowを入れるのは至難の業のよう?

単純に出来そうに思いますが、Anaconda仮想環境入れてpython3.6の環境用意してと、必要なパッケージ入れてとなかなか大変です。
面倒くさいので諦めました
python3.7の機能でこれがないと(Tensorflowを使わない環境下で)という人のみ頑張ったほうがよさそうです。
python3.7の新機能:https://qiita.com/ksato9700/items/35a0bdc04693b3b09757

#あと、なぜか私の環境でAnaconda 3.5.1で入れるとsklearnのimportがnumpyのせいで失敗します。
#回避するためには、Anaconda入れた後に conda install numpyします。

それでもどーしても。。。って人

なお、"Python3.7"で構築したい!って人もいるかもしれませんが、
現状いろいろな記事にある通り無理そうです。
アップデートを待ちましょう。

0. 環境・入れるもの

  • 環境
    • Windows10
    • Pythonは入っていないこと
      • pythonが入っている場合は、PATHの設定を注意する必要があります
  • Anaconda
    • version : 3.2.0
  • Python
    • version : 3.6
  • Tensorflow
    • version : 1.12

空き容量はAnacondaだけで4GB程使うので、
Cドライブを開けとかないと大変です。

1. Anacondaを入れる

Anaconda Download

ここからダウンロードしたいですが、旧バージョンはここに表示されていません。
なので下記リンクからダウンロードしましょう
Anaconda Installer Archive

昔のバージョンもあるので、好きなものでがいいですが、今回は
Python3.6の入っているAnaconda3 5.2.0をインストールします。
※Anaconda"2"も同じところにあるので、2-3の違いに気を付けてください。
リンク:https://repo.continuum.io/archive/Anaconda3-5.2.0-Windows-x86_64.exe

600MB近くあるので、データ容量は注意。

実行すると下のようなウインドウが出る。

基本は[Next >]
規約を見て[I Agree]

このウィンドウが出た時がミソで、
[Just Me]ならそのユーザのみ、
[All Users]なら全員になるので、システム管理者のパスワードが必要
いろいろなユーザのいるPCを想定して[All Users]で入れた場合で進めます。

All Usersの場合、[ユーザアカウントの制御]が出てくるので、
必要に応じてパスワードを入れること。

[Next >]
ここで出てくるパスは後で使うので。
メモ。

[Add Anaconda to the system PATH environment variable]
PATHを切ると開発とかでは結構面倒なのですが、
特に分析しないからいいやー とか まだpython入れてないからいいよー 
とか パスの設定めんどい
な人はチェック入れてください。
ここではチェックを入れずに進めます。

[Next >]をするとインストールが始まります。
結構時間かかるので、待ちましょう。

終わって[Next >]すると

となるのでほしい人は入れてください。
VSCode私は好きです。
ですが、すでに入っているので[Skip]します。

[Finish]ですね。

2. Pythonを動かす

コマンドプロンプトで実行すると

> python
'python' は、内部コマンドまたは外部コマンド、
操作可能なプログラムまたはバッチ ファイルとして認識されていません。

ってなります。
Pathが通ってない人だけなので、動いた人は飛ばしてください。

コントロール パネル¥すべてのコントロール パネル項目¥システム
を出します。
PCを右クリックして[プロパティ]で出てきます。
コントロールパネルから探してもOKです。
[システムの詳細設定]を選ぶと下の画面が出ます
#ここでパスワード求められるかもしれないです。

ここの[環境変数]を選ぶと、環境変数のウィンドウが出ます。
#画像張りたいですが、いろいろ変数系乗っちゃっているので、言葉のみで。
下の[システム環境変数]にある表の変数列に[Path]があると思うので、
ダブルクリックor選択後[編集]を押す
すると環境変数名の編集のウィンドウが出るので、
[新規]を押して、

C:\ProgramData\Anaconda3\
C:\ProgramData\Anaconda3\Scripts\
C:\ProgramData\Anaconda3\Library\bin

を入れます。

3. Tensorflowを入れる

[All Users]の場合、コマンドプロンプトは[管理者]で実行してください
とりあえずアップデート。

 > conda update conda
 > conda update --all

#ちなみにここで、pythonが3.6.5から3.6.6に上がります
とりあえず、Tensorflowのパッケージを見てみると

 > conda search tensorflow
Loading channels: done
# Name                  Version           Build  Channel
tensorflow               0.12.1          py35_1  conda-forge
tensorflow               0.12.1          py35_2  conda-forge
##
#省略
##
tensorflow               1.11.0 eigen_py36h346fd36_0  pkgs/main
tensorflow               1.11.0 gpu_py36h5dc63e2_0  pkgs/main
tensorflow               1.11.0 mkl_py36h41bbc20_0  pkgs/main
tensorflow               1.12.0 eigen_py36h67ac661_0  pkgs/main
tensorflow               1.12.0 gpu_py36ha5f9131_0  pkgs/main
tensorflow               1.12.0 mkl_py36h4f00353_0  pkgs/main

いろいろバージョンありますね。。。
ただ、よくよく見ると、新しいバージョンはpy36 or py35になっているのでpy37ではインストールできない。
#もしかしたら対応してるかもしれないので、その場合は3.7でも入れられるかもです。

> conda install tensorflow
##
#省略
##
 tensorflow:  1.10.0-py36_0            conda-forge
##
#省略
##

となり、Tensorflow 1.10なのでこれで問題なければ、そのまま入れてください。
Tensorflow 1.12入れたい場合は、

> conda install tensorflow=1.12

としましょう。
インストール後、

>python
Python 3.6.6 | packaged by conda-forge | (default, Jul 26 2018, 11:48:23) [MSC v.1900 64 bit (AMD64)] on win32
Type "help", "copyright", "credits" or "license" for more information.
>>> import tensorflow as tf
>>> tf.__version__
'1.12.0'

となっていればインストール完了です。

以上。

参考

yuzo63
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away