Help us understand the problem. What is going on with this article?

Swift MkMapViewで地図アプリ作成してみた(06)- スケールバーとコンパスを追加する

記事一覧

Swift MkMapViewで地図アプリ作成してみた(記事一覧)

スケールバーを表示する

スケールを変更すると自動でスケールバーを表示する。

ViewController.swift:スケールバーを表示する
// スケールバーの表示
let scale = MKScaleView(mapView: mapView)
scale.frame.origin.x = 15
scale.frame.origin.y = 45
scale.legendAlignment = .leading
self.view.addSubview(scale)

legendAlignmentに設定できる値は以下の通り。

1 2
.leading 0を左起点にする
.trailing 0を右起点にする

scale.png

コンパスを表示する

ViewController.swift:コンパスを表示する
// コンパスの表示
let compass = MKCompassButton(mapView: mapView)
compass.compassVisibility = .adaptive
compass.frame = CGRect(x: width - 50, y: 150, width: 40, height: 40)
self.view.addSubview(compass)
// デフォルトのコンパスを非表示にする
mapView.showsCompass = false

compassVisibilityに設定できる値は以下の通り。

1 2
.hidden 常に非表示
.visible 常に表示 
.adaptive 地図の方位を動かしたとき(ノースアップでない時)だけ表示。

デバイスで実行した結果

device.png

補足

前回の記事で設定したトラッキングモードを変更するボタンの位置を変えている。
Swift MkMapViewで地図アプリ作成してみた(04)- トラッキングモードを切り替える(自作ボタン)
Swift MkMapViewで地図アプリ作成してみた(05)- トラッキングモードを切り替える(MKUserTrackingButton)

ViewController.swift:トラッキングボタンの位置を変更
trakingBtn.frame = CGRect(x:width - 50, y:100, width:40, height:40)

参考文書

iOS 11で大幅に強化されたMapKit

yuta-sasaki
車載ソフトウェア開発者です。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした