JavaScript
Firebase
PlayCanvas
静的サイト

PlayCanvasで作ったプロジェクトをWeb上で公開する方法

PlayCanvasのチュートリアルにプロジェクトをセルフホスティングする方法が書かれていなかったので書かせていただきました。

チュートリアル -2Dアクションゲーム- 8/8


プロジェクトをエクスポート


  1. 左側のタブからをPublish/Downloadの選択

    2.png


  2. DOWNLOAD.zipをクリック

    1.png



独自ドメインを振ったウェブページを公開する

PlayCanvasからDONWLOAD.zipを押して、出来上がったzipファイルについてはindex.htmlの存在するフォルダが作成されます。

今回はFirebase Hostingを使用してデプロイを使用と思います。Firebase Hostingの使い方はこちらを閲覧していただくのが確実です。

Firebase Hosting を使ってみる

in.PNG


Firebase へデプロイをする

1.Firebaseの公式サイトを参考にしてデプロイをする。

npm install -g firebase-tools

2.Firebaseへログインをする

firebase login

3.Firebaseの初期化をします

ここで公開するフォルダなどを指定します、デフォルトではカレントディレクトリにあるPublicというフォルダがデプロイ対象になります。今回はエクスポートをしたPlayCanvasのプロジェクト名にしておくと楽かもしれません。

firebase init

4.Firebaseのdeployをする.

firebase deploy


Firebase Hostingでドメインの設定をします。

hagaTest.png

上記の設定を行うと独自ドメインを振ることでアクセスできるようになります。

Sa.PNG

https://2d.spam.tokyo/