20
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 1 year has passed since last update.

posted at

updated at

Power Virtual Agents と Power Platform の他のサービスとを簡単に連携する方法 Vol.1

祝!Power Virtual Agents が Power Platfrom の第4のサービスとして発表されました

2019年11月4日 - 8日アメリカ オーランドで Microsoft Ignite が開催されていました。(以下の URL でオンデマンドでセッション動画が見れます)
https://www.microsoft.com/en-us/ignite
image.png

その基調講演で Power Platform に第4のサービスとして Power Virutal Agents が発表されました。no code でボットが作れるサービスです。もちろん Power Platform の他のサービスとガッツリ連携することが可能です。

ちなみに Microsoft FlowPower Automate と名前が変わり、UI Flow という RPA の機能が追加されています。
そして、Power Apps も実は名前が変わってます。これまで PowerApps とつなげて表記されていたのですが、半角スペースが入り Power Apps と書くようになりました。
これですべて Power という名前で揃いました。
さらに Power Platform もちょっと変更され、Microsoft という冠が付きました。Micorosoft Power Platform ですね。

ということで、今回はとりあえず Power Virtual AgentsPower Platform の他のすべてのサービスと連携してみます。
ご紹介する方法以外にも連携方法はありますが、手っ取り早く連携したい場合には推奨します。もちろん完全に no code ですので、どなたでもできます。

まずは完成イメージから

こちらは Power Virtual Agents で作成したボットを Power BI Dashboard に埋め込んだところ。見てわかる通り、簡単なジャンケンができるボットですが、ジャンケンをすると、ちゃんと Power BI のタイルが更新されるのがわかると思います。

次にさらにそれを Power Apps に埋め込んだところ。こちらでも同様にデータが更新されますね。

こんなことがしたい方は以降を読み進めてください!
それでは行ってみましょう!

さて最初は Power Virtual Agents を使えるようにするところから

はい、これについては既に りなたむさん @rnakamuramartiny が記事を書いてくれているので、以下を見てください!

PowerPlatform の新しいお仲間 Power Virtual Agents を触ってみた
https://qiita.com/rnakamuramartiny/items/d1999bda574eb9e78bdf

ノーコードでBotが作れる Power Virtual Agents の Action が最強すぎて、素敵すぎたので、使い方をまとめました
https://qiita.com/rnakamuramartiny/items/16ce58a7af19f1e60693

なお、その他の Power BI, Power Automate, Power Apps などはすべて使えるという前提で進めます。

手順は以下の通り

  1. Power BI Service でストリーミングデータセットを作る
  2. Power Automation でソリューションの中に Flow を作り、その中でストリーミングデータセットにデータを追加するようにしておく
  3. Power Virtual Agents でボットを作る
  4. ボットの処理で Action からフローを指定する
  5. ボットの作成が終わったら、カスタムとしてデプロイする(発行)
  6. html をコピーしておく
  7. Power BI Service でダッシュボードを作成し、Web コンテンツに html を貼り付ける
  8. Power Apps に埋め込む

1. Power BI Service でストリーミングデータセットを作る

これは2年前に私が書いた記事が参考になります。(2年前の記事でも役に立つんだなぁ...アウトプットは大事ですね)
https://qiita.com/yugoes1021/items/1b87a7205e6c659a9604#power-bi-%E3%81%AE%E8%A8%AD%E5%AE%9A

Power BI Service (https://app.powerbi.com) を開いてください

1-1. Power BI Service を開いて [+作成] - [ストリーミングデータセット]

image.png
上記の通り、[作成] - [ストリーミングデータセット] をクリックする

1-2. [API] を選択して次へ

image.png

1-3. データセットの列定義をする

image.png
ここでデータセット(DBでいうテーブルのようなもの)を定義します。
上記のように、データセット名ストリームからの値を決めてください。ストリームからの値はいわゆる列定義になります。名称型(日時、テキスト、数値)が選択できます。
今回は画面の通りにします。プレイヤーが出すじゃんけんの値を日時とともに記録します。

列名
DateTime 日時
PlayerJanken テキスト

また [履歴データの解析]ON にしておいてください。こうすることで、このデータセットから Report を作成することができます。

1-4. 完了です!

image.png

ストリーミングデータセットの作成はこれでお終いです。次はボットから呼び出す Flow を作成します。

2. Power Automation でソリューションの中に Flow を作り、その中でストリーミングデータセットにデータを追加するようにしておく

これも りなたむさん (@rnakamuramartiny) と私の記事が参考になります。

公式の docs はこちらです
Add actions to your bot using Power Automate
https://docs.microsoft.com/ja-jp/power-virtual-agents/how-to-flow

Microsoft Flow (https://flow.microsoft.com/) を開きます

2-1. [ソリューション] を開き [Common Data Services Solution] をクリック

image.png

2-2. [+新規] - [フロー] をクリック

image.png

2-3. フローの作成

全体像はこんな感じです。
image.png
まずは前半部分の全体像(以下でひとつずつ解説します)
image.png

トリガー[HTTP要求の受信時] を選択するために、「要求」というキーワードで検索する
image.png
[要求] をクリックする
image.png
image.png

JSON_Shema.json
{
    "type": "object",
    "properties": {
        "janken": {
            "type": "string"
        }
    }
}

JSON スキーマに上記を入力する

デバッグ用に通知を入れておきます。"notification" で検索をして [Notifications] のどちらかを選択してください。
Power Automate のモバイルアプリをスマホにインストールしてあって、スマホに通知が欲しい人は [Send me a mobile notification]
Power Automate のモバイルアプリをスマホにインストールしてない、またはスマホに通知が欲しくない人は [Send me an email notification]
image.png
私はモバイルを選択してます。
image.png

ユーザーは [janken] を出して負けました
[janken] の部分は HTTP トリガー(HTTP要求の受信時)で受け取ったパラメータになります。

HTTP 要求に対する Reponse (応答) を返すので、「要求」で検索してください。
image.png
image.png

[ヘッダー][本文][応答本文のJSONスキーマ] にそれぞれ以下を入力する

Key Value
Content-Type application/json
本文
{
  "message": "ご主人様に勝敗結果を送りました!"
}
応答本文のJSONスキーマ
{
    "type": "object",
    "properties": {
        "message": {
            "type": "string"
        }
    }
}

これで呼出元に message を返すことができます。
次は左記に作っておいた Power BI のストリーミングデータセット にデータを入れるようにします。

現在時刻を取得します。[現在の時刻] は何も指定するものがないのでこのままで大丈夫ですが、取れる時刻が UTC なので、これを JST に変換します。
image.png
image.png
もう一度 時刻 で検索して、[タイムゾーンの変換] を選択します。
image.png
image.png

名称
基準時間 現在の時刻
変換元のタイムゾーン (UTC) 協定世界時
変換先のタイムゾーン (UTC+09:00) 大阪、札幌、東京
書式設定文字列 yyyy-MM-dd HH:mm:ss

そして Power BI コネクタを使います。
Power BI と検索して [データセットに行を追加します(プレビュー)] を選択します
image.png
image.png

名称 備考
ワークスペース (ご自身のワークスペース) ストリーミングデータセットを作成したワークスペース名
データセット (ご自身のデータセット名) 作成したストリーミングデータセット名
テーブル RealTimeData "RealTimeData" で固定
DateTime [変換後の時間]
PlayerJanken [janken]

最後に左上で名前を付けて [保存] をしてください
image.png
image.png

ソリューションの一覧に戻ると、作成したフロー名が表示されているはずです。
これで Power Virtual AgentsBot から呼び出すフローができあがりました!

今回はここまで

長くなってきたので、今回はここまでとします。
Vol.2 は Power Virtual Agents でボットを作る からです。

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You can follow users and tags
  2. you can stock useful information
  3. You can make editorial suggestions for articles
What you can do with signing up
20
Help us understand the problem. What are the problem?