Edited at

Qiitaの可視化から見えた、人気技術ランキングの推移

More than 1 year has passed since last update.


Qiitaのタグを時系列で可視化 ⇒ 面白い

Qiitaに投稿されているタグと、いいね数を

時系列で可視化したら、人気技術の推移が見えてきた。

予想以上に興味深い栄枯盛衰が出てきたため、結果を共有します!

Qiitaの殿堂 というサイトの分析編として追記しました。

直接、結果グラフだけ見たい人は こちら


Qiitaの殿堂 とは?

Qiitaの殿堂は、

上位1~2%の超人気記事を月ごとのランキング形式で紹介するサイト

見逃した良記事が多数見つかる

詳しくは、以下の投稿をご参照。


先に見ておきたい分析内容

人気タグごとの詳細や関係性を分析した以下の記事も、

合わせて参照するとより楽しめる。

今回、上の投稿で分かったTOPタグを対象に、2012年からの推移を見た。


可視化結果発表!

最新版は、Qiitaの殿堂 の中の、

 「Qiita Visualization」を見る  から直接見てください。

画像で見るより、かなり綺麗に見えると思います。

(また、月次くらいで更新していこうと思います)

以下は、本投稿時点のデータを画像化して貼って考察。


月次記事数 & いいね数 & 平均いいね数

01_count_iine.PNG

02_count_ave.PNG

投稿数は増えているけど、いいね平均値は大幅に下がっている。

この二つのグラフについては、以前の7つの驚愕の記事

考察をしているため、コメントは省略させていただく。

また、2018年9月分はまだ「途中版」。


タグごと月次記事数 & 累計いいね数(言語系)

主要なプログラム言語ごとに、記事数と累計いいね数の推移を見た。

03_gengo_count.PNG

04_gengo_iine.PNG

累計いいね数については、

「平均値が高い時期」(過去)の投稿が

有利に働いている点には注意が必要。



  • Pythonの記事数の伸びが圧倒的


    • 2017年1月からJavaScriptを抜く




  • JavaScriptは安定した強さ


    • 累計いいね数でも圧倒的




  • Rubyは1位⇒3位に定着


    • 2015年3月にJavaScriptに首位を奪還され

    • 伸び悩みを見せるものの、安定して3位




  • Swiftへの期待感と停滞


    • 登場時期がここまで明確に出るのはスゴイ

    • 記事数が伸びない割にいいね数は高い




  • PHPJavaは安定、新鋭はvue.js



    • UnityNode.jsGoも安定か

    • 新規に増加が目立つのはvue.js



なお、なぜこの10個の言語タグにしたかというと、

前回の分析結果の上位の開発言語を参照しながら、

「Python3」「Rails」などの重複的なタグを外して選定。

【10/2追記】:サイトのグラフで見ていただく場合、

「凡例」(Python,Javaなどの名前の所)をクリックすると、

そのラインの表示非表示のON/OFFが出来ます。

ご自身の見たいデータに絞って見ることが可能です。

(情報が多くごちゃごちゃしているのでオススメです!)


タグごと月次記事数 & 累計いいね数(その他)

プログラム言語以外の人気タグごとに、記事数と累計いいね数の推移を見た。

05_sonota_count.PNG

06_sonota_iine.PNG



  • iOS vs Androidが面白い


    • 当初はiOS優位だがジワジワ差が縮まり、

    • 2018年1月以降Androidが記事数逆転orほぼ同数

    • しかし、累計いいね数ではまだiOS優勢




  • AWSの伸び率に注目!


    • 2017年12月のAdvent Calendar 凄い




  • dockerAWSにひけをとらない


    • 累計いいね数でも見事に追随




  • 機械学習の記事は少数精鋭


    • 記事数は少ないももの、

    • 累計いいね数の急上昇っぷりがすごい




  • Gitは開幕から安定した人気


    • 記事数の割にいいね数も高く安定




  • RaspberryPiは意外と普通


    • もっとバズったり、何か動きがあるかと




  • LinuxMacWindowsは普通


    • まあそうだよね




総合考察


全体の記事数&いいね数の考察

まず最初に改めて、

最近は「いいね」が取りにくくなってきている。

この状況を(定期的に)視覚化することが出来るようになった。

投稿数も増え、利用者も増えてきているのに残念。

みなさん、もっと「いいね」をして好循環を回しましょう!

ただ、Qiitaのサイトとしての問題も大きく、

「記事を魅せる仕掛け」が圧倒的に不足しているから だとも思う。

記事数が増えたのに、サイトTOPは20個まで。

タグごと表示でもトレンドやメールと重複する。

良い記事が埋もれてしまう条件が満載。(+_+)

これは Qiitaの殿堂  の作成動機の一つ。

そして、以下の試みを行った動機でもある。

なお、「いいね数」で見るのではなく、

「課題解決/やりたいことが明確である時に、

 検索して訪問し、助かった記事」が最も(自分に)良い記事、

であることは明らかであるが、

これは、Google検索が優秀であるため、

埋もれていてもあまり困らない、のではないか?と思う。

ここでは、情報収集や新たな着想を産むような記事、

何かに挑戦した経験談、斬新な試み、教養が得れる記事など、

間接的に後で参考になるようなタイプの「良記事」が対象。


私自身の好みの傾向を見つけたいのかもしれない。

「対義語自動生成」や「どこでもドア」とか「しりとり」とか、

直接は役に立たない「遊び」が好きだから。

 「赤の他人」の対義語は「白い恋人」 これを自動生成したい物語

 どこでもドアを作ってみた物語

 「しりとり」徹底分析!最強キャラ(文字)解説



言語系/その他系のタグ可視化の考察

まず、どのタグをどうグラフ化するべきか、非常に迷った。

単純にPythonとAWSを並べる方法もあったし、

いいね数も累計値ではなく月次で出す方法もある。

1グラフの線の個数も悩ましい。10本はかなり多い。

だが、「眺めて楽しいこと」を基準で考えると、

前回分析時の結果の上位20個を、言語とそれ以外に

分けるだけで、ほぼ目的が達成できた。

細かい正確性とか網羅性は要らない。

少なくとも私が個人的に見たかったグラフがコレだった。

予想通りだった傾向もあれば、そうではなかった傾向もある。

Pythonの伸びが一番特徴的だろうか!?

見る人によって様々な考察ができるグラフであろう。

「私ならこういう可視化にしたい」という人もいるかもしれない。

そこで、素のCSVを以下からDLできるようにしておいた。

 http://youwht.ml/static/csv_data/count_iine.csv

今回採用していないタグのデータも含めてあり、

もっと面白い分析をしたい方は、ご活用くださいませ。

データ分析の練習教材にもいいかもしれない。

(ドメインの無料期間が切れる2019年7月までは生きていると思います。

 その後はどうなるか不明)


【おまけ:技術的な話】今回構築した仕組み

当初は、(Pythonで取得したデータだったため)

pandasなどで可視化&画像化していた。

しかし、綺麗じゃなく、提示には向かないと考え、

今回はJavaScript/Chartjsを使って可視化した。

Chartjsは、今回の例以外にも、様々な形式のグラフを

綺麗に作れるため、とても有用なライブラリである。

また、サーバの構成等は、以下の記事の通り、

GoogleCloudPlatformの無料枠だけで出来ている。

グラフ表示までの全体の仕組みは下記の通り。

1. QiitaAPIを使い、Pythonでデータ取得(前記事と共通)

2. Python/PandasのDFを使ってタグなどの情報を整理⇒CSV出力

3. Python/FlaskでHTMLを表示(前記事と共通)

4. HTMLを表示する際に、JavaScript/ChartjsでCSVをグラフ化

JavaScript/Chartjsのソースコードは、

サイト上でそのまま見れる(綺麗なコードではない)。

グラフ/サイトのシンプルな作例として、

Qiitaで一位と二位の言語をどちらも使い、

無料で作成できる例なので、ぜひ初心者の方にオススメしたい。


おしまい。

誰でも思いつきそうな可視化だけど、意外と誰もやっていなかった。

少しでもみなさまの知見のお役に立てれば幸いです!!

「記事を魅せる仕掛け」が圧倒的に不足しているから。

について、 例えばQiita公式へ、「Qiitaの殿堂」を譲ることで

埋もれ防止になったり、殿堂入りへのモチベ向上にならないかなぁ。

「無料枠」サイトだしコードごと差し上げるんだが。

もし、こういう取り組みを有用だと思う人が多ければ・・・。