Help us understand the problem. What is going on with this article?

Power BI Tips - 時系列データの最新値を簡単に表示する

概要

ある案件で、温度時系列データの最新値をカードで表示する必要があったんですが、
クエリーで最新値テーブルを作ろうとか、DAXでデータを出そうと頑張って・・・
結局挫折して、フィルターで簡単にできましたと言う話。

データ

Power BIでIoTデータの可視化(初級編)と同じデータです。

ID SensorID MeasDate Temp
1 Sensor A 2019/09/21 00:00:00 20.4
2 Sensor A 2019/09/21 00:00:01 20.3
3 Sensor B 2019/09/21 00:00:01 21.3
・・・ ・・・ ・・・ ・・・

ID:データログID
SensorID:センサーを区別するためのID
MeasDate:計測日時
Temp:温度

手順

まず、カードをレポートに配置します。
image.png

Tempデータをカードのフィールドプロパティにドラッグ&ドロップします。
image.png

次にフィルターをセットしていきます。

先に、カードに表示するセンサーを指定してます。
SensorIDを、「このビジュアルでのフィルター」の「ここにデータフィル―ドを追加してください」にドラッグ&ドロップします。
image.png

フィルターの種類を基本フィルターにして、
表示したいセンサーを選択してください。
image.png

続いて、フィルターを使って、計測日時を指定します。
MeasDate(計測日時)を、「このビジュアルでのフィルター」の「ここにデータフィル―ドを追加してください」にドラッグ&ドロップします。
image.png

フィルターの種類を「上位 N」に変更します。
image.png

アイテムの表示のドロップダウンを「上」隣のエディットボックスを「1」、
値の欄には、MeasDateをドラッグ&ドロップして、ドロップダウンから「最も遅い」を選択します。
image.png

これでカードに計測日時が最も遅い(=最新)の値が表示されます。
image.png

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away