Help us understand the problem. What is going on with this article?

Symfony2 Jobeetを翻訳してみました

More than 5 years have passed since last update.

yositani2002です。

この記事は Symfony Advent Calender 2014 17日目の記事になります。

技術的内容でなく申し訳ないのですが、 Symfony2 用の jobeet というチュートリアルを翻訳してみましたので、紹介させていただきたいと思います。

symfony1.x のころは入門用に jobeet/askeet というボリュームのあるチュートリアルがありました。 Symfony2 になって、なくなったと思い忘れていたのですが、先日、Symfony2 版をいくつか見つけました。

http://www.ens.ro/2012/03/21/jobeet-tutorial-with-symfony2/
http://www.intelligentbee.com/blog/tag/symfony2-jobeet/

どうも、有志の方が引継いで19日まで英語で作成されているようです。
先人の偉業にまずは感謝です。

すでに多くの言語に翻訳されているようです。
http://blog.erlem.fr/programmation/developpement-web/framework/40-symfony/99-symfony2-jobeet
http://symfony.in.ua/symfony2-jobeet-tutorial.html
http://wiki.salud.gob.sv/wiki/Tutorial_Jobeet_con_Symfony2
https://github.com/happen-zhang/symfony2-jobeet-tutorial

そこで、日本語に翻訳してみました。英語は苦手なのでただただGoogle翻訳頼みです。
怪しいと思うところは、原文の方と見比べていただき、コメント欄に指摘、または、GitHub で PR していただけるとうれしいです。

内容的には、ちょっと独特なところも含めて大変参考になりました。
コード量が多い分、その説明は少ない気がしました。
まずは通しでやった後、コードを読み直す方がいいかもしれません。

以下、面白い、為になったと思った点です。
* Ubuntu である。 Ubuntu 触ったことがなかったので。
* Sonata Adminで管理画面を作る。Sonata のとっつきにくさが少しは緩和されてる気がします。
* ファンクショナルテストでDB自体を作り直し。あまり見かけないやり方でしたので。
* Zend Luceneを使って全文検索の実装。Zend Frameworkの組み込み方としても参考になりました。
* Unobtrusive JavaScript なる考え方。まず、読めないし、なんて訳せばいいのか分かりませんでした。
* ページャーが自作。

今後、ベストプラクティスなども踏まえて、作り直すのもいいかもしれません。
また、自由につづきを執筆しちゃっていいんじゃないでしょうか。|ω・`)チラ

翻訳作業については、去年の12月にSymfonyユーザー会の翻訳会に参加させていただき手順を教えていただきました。翻訳をしていると、ドキュメントをくまなく読むようになり知識が深まるだけでなく、 Sphinx などの周辺技術も身に付くため、大変おすすめです。

Symfony の書籍が現状あまり無いので、どこまで需要があるのかわからないんですが、 EPUB 版も作成してみました。

それでは、ちょっと早いですが、よいお年を。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away