Help us understand the problem. What is going on with this article?

CloudWatch + SNS + Lambda + SlackでSlackにMetrics画像を送信する

More than 1 year has passed since last update.

上記の設定でだいぶ詰まったのでメモ

  • SlackBotを作る

  • TOKENのメモ

    • https://api.slack.com/apps/xxx/oauth?
    • 色々TOKENとかあるけどOAuth Access Token
  • 上記ページでSCOPEも適切なものを選択

    • 今回のBotは以下のポリシー適応(要らないものも入ってるかも)
    • 設定したのちに画面上部のメッセージから承認作業も

スクリーンショット 3.png

  • Lambda関数についてはここを参考に
    • ロールに必要な権限はCloudWatch,LambdaExecute
    • Lambdaの環境変数に設定するChannelIDはチャンネル名ではなくChannelIDが必要
      • 下のSlackAPIからも取得出来るがSlackのWebサイトのURLから取得可能

おまけ

  • この辺でSlackAPIをお試し出来る
  • Lambdaのタイムアウト時間を伸ばさないと3秒だとタイムアウトする

おまけのおまけ

aws cloudwatch --profile <profilename> list-metrics
  • Lambdaデプロイコマンド
    • IAMユーザにUpdateFunctionCodeの権限ないと出来ない
    • aws credentialでregionも指定しないと怒られる
aws lambda update-function-code --profile <profilename> --function-name <lambda function name> --zip-file fileb://<zip file name> --publish

TODO

  • Dockerを用いたLambdaのローカル開発環境構築の記事を書く。
yakult
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away