Help us understand the problem. What is going on with this article?

Apple が提供している API リファレンスに MacRuby / RubyMotion の記述方法を表示する

More than 5 years have passed since last update.

Apple が提供している API リファレンスはとても充実していますが、説明されている API は Objective-C による構文ととなっています。

そこで、macruby-docs-js というユーザスクリプトをブラウザにインストールします。インストール後に API リファレンスを閲覧すると、MacRuby / RubyMotion で記述するとどのようになるのか表示されます。

  1. Google Chrome で macruby-docs.user.js をクリックしインストールします。(Firefox の場合には、Greasemonkey などをあらかじめインストールしておけば良いのかと思います)
  2. NSString Class Reference などの API リファレンスをブラウザで閲覧します。下の図のように、各 API の Objective-C の構文の下に MacRuby / RubyMotion での記述方法が表示されるようになります。(C Blocks を利用する API の表示がおかしいような感じではありましたが。)

MacRuby/RubyMotionの記述が表示される

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした