Posted at

AWSのCUIクライアント「AWS CLI」のセットアップ方法

More than 1 year has passed since last update.


「AWS CLI」とは?

「AWS Command Line Interface」の略であり、AWSをCUIで操作するツールです。


AWS CLIを使うきっかけ

S3にファイルをフォルダごとアップロードしたかったためです。

Safariからだとフォルダごとアップロードできないのですが、AWS CLIを使えばできます。


環境


  • OS:macOS High Sierra 10.13.1


セットアップ


Pythonとpipのインストール

Python製なので動作にPython、インストールにpipが必要です。

私はpyenv-virtualenvを使い、AWSのPython環境を構築しました。

私が以前書いたこの記事が参考になります。

$ pyenv install 3.5.0

$ pyenv virtualenv 3.5.0 aws
$ pyenv rehash
$ pyenv global aws


AWS CLIのインストール

# AWS CLIをインストールする

$ sudo pip install awscli

# バージョンを確認する
$ aws --version
aws-cli/1.14.36 Python/3.5.0 Darwin/17.2.0 botocore/1.8.40


アクセスキーの作成

AWS CLIからAWSを操作するにはアクセスキーが必要です。

以下へアクセスします。

https://console.aws.amazon.com/iam/home?#/security_credential

[セキュリティ認証情報に進む]をクリックします。

「アクセスキー(アクセスキー ID とシークレットアクセスキー)」をクリックします。

[新しいアクセスキーの作成]をクリックします。

[キーファイルのダウンロード]をクリックします。

「rootkey.csv」がダウンロードされます。


AWS CLIの初期設定

アクセスキーの情報などをAWS CLIに登録します。

「Default region name」は自分のリージョンを入力します。私は「アジアパシフィック(東京)」なので「ap-northeast-1」と入力しました。

「Default output format」は「json, text, table」の3種類から選択します。私は「json」にしました。

# AWS CLIの初期設定を行う

$ aws configure
AWS Access Key ID [None]: {rootkey.csvのAWSAccessKeyId}
AWS Secret Access Key [None]: {rootkey.csvのAWSSecretKey}
Default region name [None]: ap-northeast-1
Default output format [None]: json

これでAWS CLIからAWSが操作できるようになりました。

aws s3 ls でバケットの一覧が表示されれば、セットアップが正常に完了しています。


参考リンク