AWS CLIのインストールから初期設定メモ

  • 43
    Like
  • 0
    Comment
More than 1 year has passed since last update.

AWSをWebの管理画面からやっと使えるようになってきました。

参考 http://blog.serverfrog.jp/setup-aws-cli/

たぶん後で別記事書くのですが、現状ではCloudFrontでSSLを対応させようと思ったときにWebから証明書情報をアップロード出来ず...(ELBなら出来るんですけど)

そんな感じでAWS CLI経由でSSL証明書アップロードをするんですけどその準備です。

CLIのインストール

Macを使う想定です。homebrewで一発ですね。

$ brew install aws-cli

これでインストールできました。

awsコマンドが使えるようになります。

$ aws
usage: aws [options] <command> <subcommand> [parameters]
aws: error: too few arguments

AWS CLIにAWSのアカウント情報を紐付ける

コマンドラインからAWSにアクセス出来るようにアクセスキーなどの設定をします。

アクセスキーIDとシークレットアクセスキーの確認

AWSアカウントのアクセスキーIDシークレットアクセスキーを確認します。

Your Security Credentialsのページにアクセスしましょう。

  • 1. "セキュリティ認証情報に進む" を選択します。

  • 2. "アクセスキー(アクセスキーIDとシークレットアクセスキー)" を選択します。

* 3. "新しいアクセスキーの作成" を選択します。

  • 4. "アクセスキーを表示" を選択し、アクセスキーIDとシークレットアクセスキーを確認します。

ここまでの手順でアクセスキーIDとシークレットアクセスキーを確認出来ました。

今回はアクセスキーIDがAKIAJTIZR5H5K4RKYGGGQ、シークレットアクセスキーが6C0a4PETdsmOdjzxpORDM27uvS40zemBtllJu5Coでした。

AWS CLIのセットアップ

インストールが完了しているはずなので、aws configureコマンドを使って設定します。

$ aws configure

AWS Access Key ID [None]: AKIAJTIZR5H5K4RKYGGGQ
AWS Secret Access Key [None]: 6C0a4PETdsmOdjzxpORDM27uvS40zemBtllJu5Co
Default region name [None]: ap-northeast-1
Default output format [None]: text

各項目の意味合い

  • AWS Access Key ID [None]: "アクセスキーID"をコピペ
  • AWS Secret Access Key [None]: "シークレットアクセスキー"をコピペ
  • Default region name [None]: "ap-northeast-1"を入力(これがTokyoリージョンらしいので日本国内ならこれ)
  • Default output format [None]: "text","JSON","table"のどれかを指定(とりあえずtextで指定しました。)

これで設定完了です。

確認

S3を利用している場合は aws s3 lsコマンドで契約しているs3情報が確認できます。

$ aws s3 ls

2015-07-13 22:56:57 huga.hoge.jp

確認できました!

設定がうまくいっているみたいですね。

EC2を利用している場合は aws ec2 describe-instancesで確認出来ます。

$ aws ec2 describe-instances
・
・
(省略)
・
・
TAGS    aws:autoscaling:groupName   n0bisuke_0716
TAGS    Name    n0bisuke_web_autoscale

おまけメモ

アクセスキー周りの情報設定がミスってるとこんなエラーが出ます。

A client error (InvalidAccessKeyId) occurred when calling the ListBuckets operation: The AWS Access Key Id you provided does not exist in our records.