Help us understand the problem. What is going on with this article?

AWS Amplify フレームワークの使い方Part3〜API設定編〜

はじめに

AmpifyシリーズのPart3はAppSyncを利用できるようになるまでを解説していきます。

APIの設定

$amplify add apiから $amplify pushまで。

AmplifyにAPIを追加

まずはおなじみのコマンドから実行し、APIの設定を進めていきます。

$ amplify add api

サービスを選択

今回は、AppSyncを利用したいので、GraphQLを選択します。

? Please select from one of the below mentioned services GraphQL

API名設定

何でもいいですが、管理しやすいプロジェクト名などでいいと思います。

? Provide API name: API名

認証形式

今回は、Cognitoを使った認証設定にしています。特段CRUDの権限を制限しない場合は、API KEYでOKです。(その他の選択肢は未検証)
Cognitoを選択すると、まだAuth設定をしていない場合は、amplify add authと同じ操作がここから始まります。

? Choose an authorization type for the API Amazon Cognito User Pool

■参考
AWS Amplify フレームワークの使い方Part1〜Auth設定編〜

スキーマ設定

このあたりのスキーマ設定は後で変更ができる(むしその変更が超絶肝!!)ので、デフォルト連打でOK。

? Do you have an annotated GraphQL schema? No
? Do you want a guided schema creation? Yes
? What best describes your project: Single object with fields (e.g., “Todo” with ID, name, description)
? Do you want to edit the schema now? Yes

スキーマファイルの編集

amplify pushの前に amplify/backend/api/<api名>/schema.graphqlを編集していきます。
push後もある程度の更新、変更は可能ですが、思わぬところでエラーが起きて更新できなかったりするので、ある程度考えた上でpushしましょう。
ただ、テストで試す場合は、そのエラーを知ることも大切ですので、基本的なスキーマ設計をしたら次へ進みましょう。

※スキーマファイルの書き方については別途記事にまとめる予定です。

リソースの作成

そして、push。これで、設定完了です!!

$ amplify push

おわりに

まずは、スキーマのデフォルトで選べるTODOのスキーマなどでお試しで触ってみることをおすすめします。次の記事では、push後の実際の利用方法について記事を書いていきます。

関連記事

AWS amplify フレームワークの使い方Part1〜Auth設定編〜
AWS Amplify フレームワークの使い方Part2〜Auth実践編〜
AWS Amplify フレームワークの使い方Part4〜API実践編〜
AWS Amplify フレームワークの使い方Part5〜GraphQL Transform @model編〜
AWS Amplify フレームワークの使い方Part6〜GraphQL Transform @auth編〜
AWS Amplify フレームワークの使い方Part7〜GraphQL Transform @key編〜
AWS Amplify フレームワークの使い方Part8〜GraphQL Transform @connection編〜
AWS Amplify フレームワークの使い方Part9〜Function編〜

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした