kubernetes

Kubernetes 1.9: 既知の問題 (Known Issues)

このエントリは、Kubernetes 1.9 の CHANGELOG から既知の問題 (Known Issues)についてまとめています。翻訳に合わせて補足を追記しています。その他の内容は次のリンク先を参照してください。


既知の問題

  • ノードとして Windows Server の仮想マシンを追加した場合、特定の仮想化環境で互換性の問題があります。具体的には Windows 版の kubelet.exe は物理メモリの量を知るために GetPhysicallyInstalledSystemMemory を呼びますが、VMWare と VirtualBox の仮想環境ではこの API コールに失敗します。この問題はベアメタルの Windows 環境や、Hyper-Vやパブリッククラウド環境では発生しません。
  • kubectl get po の実行時に、API サーバーへの通信が失敗した場合、誤ったエラーメッセージ the server doesn't have a resource type "po" が表示されます。将来のリリースで解決される予定です。
  • mutatingwebhookconfigurations と validatingwebhookconfigurations というオブジェクトが API サーバーから 1 秒毎にポーリングされます。将来のリリースで解決される予定です。
  • 監査ログが同期的に書き込まれるため遅いです(バッファが無い)。将来のリリースで解決される予定です。
  • Custom Resource Definitions (CRDs) が特定の状況 (kubectl delete--cascade=false を指定した場合) で正しく削除がされない場合があります。将来のリリースで解決される予定です。
  • etcd クラスタのローリングアップデートを行った後に、APIサーバーがタイムアウトすることがあります。将来のリリースで解決される予定です。
  • クラスタスコープのリソースが所有者となる namespaced リソースが誤ってガーベージコレクタの処理のレースコンディションによって削除される場合があります。