kubernetes

Kubernetes 1.9: 廃止予定の機能 (Deprecations)

このエントリは、Kubernetes 1.9 の CHANGELOG から廃止予定の機能についてまとめています。翻訳に合わせて補足を追記しています。その他の内容は次のリンク先を参照してください。


ここでは Kubernetes 1.9 で廃止予定の API バージョン、オプション、フラグ、引数の概要について扱います。廃止予定とは、将来のリリースでその機能が削除されることを意味します。

API Machinery

  • kube-apiserver --etcd-quorum-read フラグは廃止予定になりました。また将来のリリースで Quorum Read を無効にする機能は削除されます。 (#53795, @xiangpengzhao)
    • :pencil: etcd における Quorum はクラスタのメンバー数を n として (n/2)+1 です。
  • kube-apiserver の /ui のリダイレクトは廃止予定となり、Kubernetes 1.10 で削除されます。 (#53046, @maciaszczykm)
  • バックエンドとしての etcd2 は廃止予定となり、Kubernetes 1.13 または 1.14 でサポートがなくなります。
    • :pencil: kube-apiserver --storage-backend フラグで指定されます。デフォルトは etcd3 です。

Auth

  • controller-manager --cluster-signing-cert-file フラグと --cluster-signing-key-file フラグのデフォルティングは廃止予定になりました。将来のリリースで明示的な値の指定が必須になります。(#54495, @mikedanese)
    • :pencil: --cluster-signing-cert-file フラグのデフォルト値は /etc/kubernetes/ca/ca.pem--cluster-signing-key-file フラグのデフォルト値は /etc/kubernetes/ca/ca.key となっています。
  • RBAC オブジェクトは etcd に v1 のフォーマットで保存されるようになりました。1.9 にアップグレード後、v1alpha1 のサポートが削除される前に etcd に保存されている全ての RBAC オブジェクト (Roles, RoleBindings, ClusterRoles, ClusterRoleBindings) を v1 にマイグレートする必要があります。(#52950, @liggitt)

Cluster Lifecycle

  • kube-apiserver --ssh-user フラグと --ssh-keyfile フラグは廃止予定となり将来のリリースで削除されます。Google Kubernetes Engine における Master -> Nodes 間通信の SSH トンネル機能のユーザは、Master と Node のネットワークをブリッジする別の代替手段を取ったほうがよいでしょう。(#54433, @dims)
    • :pencil: Kubernetes のメインリポジトリから特定のクラウドプロバイダの機能を排除する一貫です。SSH トンネル機能は主に GCE において使用されています。
  • kubeadm --skip-preflight-checks フラグは廃止予定となり将来のリリースで削除されます。
  • cloud-provider によりホストアドレスの取得は廃止予定となり、将来のリリースで削除されます。代わりに kube-apiserver --external-hostname フラグを明示的に設定します。(#54516, @dims)
    • :pencil: kube-apiserver --external-hostname フラグは Swagger API Docs などに含まれる外部からアクセスされる URL の生成に使われるホスト名が指定されます。

Network

Storage

  • volume.beta.kubernetes.io/storage-class アノテーションは廃止予定となり、将来のリリースで削除されます。StorageClass API オブジェクトは v1 を使用し、アノテーションの代わりに v1.PersistentVolumeClaim.Spec.StorageClassNamev1.PersistentVolume.Spec.StorageClassName を使用してください。 (#53580, @xiangpengzhao)

Scheduling

  • kube-scheduler コマンドが、スケジューラの設定ファイルを指定する --config フラグをサポートしたことにより、その他のほとんどの kube-scheduler のフラグは廃止予定になりました。 (#52562, @ironcladlou)

Node

  • kubelet --enable-custom-metrics フラグは廃止予定になりました。v1.11.0 で削除される予定です。 (#54154, @mtaufen)