AWSを使ってみる③


作成したインスタンスの確認

aws_dlna_000018.JPG

うん、ある!

画面下部に詳細が色々書かれてるので確認しましょう。(画像ではカットしてます)


TeraTermでアクセス

早速ユーザと秘密鍵ファイルを指定して接ぞk……ん?


Teraterm.exe

Please login as the user "centos" rather than the user "root".


rootでログインすんなって言われました。

そりゃそうだよね。

改めてcentosユーザでログイン

aws_dlna_000020.JPG

無事にログインできましたね。


初期設定

ここまでくれば後は簡単ですね。

ささっと初期の設定の確認と修正をしていきましょう。

作業的には下記の通りぐらいですね。

- rootパスワード設定

- 個人ユーザの作成

- sshの設定確認

- 起動プロセスの確認

- プロセスの確認

- cloud-initの設定確認

よーし特に問題ない。apacheいれ……ん?

# ip a

2: eth0: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 9001 qdisc pfifo_fast state UP group default qlen 1000
link/ether 06:7f:b5:4b:44:12 brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
inet 172.31.47.185/20 brd 172.31.47.255 scope global dynamic eth0
valid_lft 3106sec preferred_lft 3106sec
inet6 fe80::47f:b5ff:fe4b:4412/64 scope link
valid_lft forever preferred_lft forever

なんかIPが想定してたのと違う……


プライベートIPアドレスが想定していたものと違かった

インスタンスの情報を見たところ、作成時に作成したVPCのIDが違いました。

なんでやーと思って作業ログがてら取ってたスクリーンショットを見たところ

aws_dlna_000008.JPG

インスタンス作成時にVPCを正しく指定してませんでした。

(・ω<) てへぺろ

みんなはちゃんと指差し確認しようね!

次回環境を作るときは気を付けます。

ElasticIPでグローバルIP取得し、IPを固定化したところで今回はここまで

次回はApacheとPHPとmysql導入

AWSを使ってみる④