Help us understand the problem. What is going on with this article?

swift初心者がSmartNews風ニュースアプリを作ってみる過程を晒す(1) - 事前準備する

More than 3 years have passed since last update.

はじめに

swiftはほとんど未経験ですが、SmartNews風ニュースアプリを作ってみて、その過程をさらしてみようと思います。
同じような境遇にいる方の参考になれば幸いです。

作成中のアプリ

現在の進捗はこんな感じです。投稿の方が追いつかなくなっていますが、随時追記します。。。

20160111_23_35

ソースコードはこちらに晒しています。:bow:

tjnet/NewsAppSwiftMVVM

tjnet/NewsAppWithSwift: News App like Smart News

今後の予定

長くなるので、今後、何回かに分けて次のような記事を書いていこうと思います。

前提知識

事前に読んでおくと良さそうなリンクをまとめてみました。

UI component

簡単なサンプルアプリ'FoodTracker'を使用して、シンプルなUI elementsの作成/編集/配置方法や、ストーリーボードのpreview機能の使い方を学ぶことが出来ます。

Auto Layout

Auto Layoutを用いて、複数のデバイスサイズに対応するアプリを作成する手法を学びます。アップデートされてiOS9, Xcode7, Swift2に対応しています。

Page view controller

Page View Controllerはアプリの概要を説明する為の、ページングするチュートリアル等を作成する為に使用します。ここでは公式ドキュメントでPage View Controllerの中身について理解します。実際の実装については、ググればいくらでも出てくると思います。

APIとの通信

APIを叩いて、JSONをパースする手法を学びます。

ちょっと古い記事ですが、こちらも参考になりそう。

デバッグ技法

Xcodeが提供するデバッグツール、パフォーマンス解析ツールを紹介しています。

重なり合うviewの状態やsizeを、Xcodeを用いて視覚的に把握する手法を学びます。
これを知っているだけで、開発中のアプリケーションの理解度やデバッグの効率がかなり変わってくると思います。

Realm

Realmの使用を検討しています。ネットワーク経由で取得したニュース記事をパースしてDBに保存し、DBに保存したデータをTableViewに表示、という流れで実装してみたいとと思います。

UIViewControllerのライフサイクル

UIViewControllerのライフサイクルに関与する主要なメソッドについて学びます。

Applicationのライフサイクル

iPhoneアプリのライフサイクル、エントリーポイント、Main Run Loop、スレッドなどについて学びます。

SmartNews風のUI

Objective-Cで実装されているライブラリです。リクルートの方が作成されているようです。

...

ニュース記事のソース

このあたりを使っても面白そうです。

参考

tjnet
最近はiOSとRailsを行ったりきたり。 たまにOSSにコミットしたり。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした