Edited at

git-flow・GitHub Flow 実践要点メモ

gitフローに沿った開発の備忘録


前提環境


  • GitHubアカウント作成済み

  • PCへのgitインストール済み


使用ブランチ種類

masterブランチ : 本番公開用

 |

developブランチ : 開発環境メインブランチ

 |

 |- featureブランチ : 機能追加 作業ブランチ

 |- fixブランチ : バグ/デザイン/コード修正 作業ブランチ

 |- updateブランチ : データ更新 作業ブランチ

 |- settingブランチ : 設定 作業ブランチ


ブランチ最新アップデート - チーム開発時 作業前必須フロー


1. Pull 

GitHub既存リポジトリの最新developブランチ → ローカルdevelopブランチへ Pull


2. Checkout 

(feature / fix / update など)適した作業ブランチへ Checkout


3. Merge 

(Checkoutして移動した)作業ブランチに、(1.で Pullしたローカル最新)developブランチを Merge


Issue ・ Pull Request(PR) を使った開発フロー


1. Issue 

課題が見つかったら Github で issue として記録/作成


2. 作業Branch作成 & 開発

ローカルで issue 用のブランチ( feature or fix or update )を作成し、そのissue解決の開発作業


3. Push as Pull Request(PR) 

開発できたら、その作業ブランチを Github へ Push (masterでないbranchは、GitHubで自動的にPRとして表示)


4. Review & Merge (PR → Develop) 

pushされたPRをメンバーまたは自分でReviewし、問題無ければ developブランチ に Merge


5. Merge (Develop → Master) 

ある程度 developブランチに mergeされたら、適宜 masterブランチへ mergeし 本番公開反映