Help us understand the problem. What is going on with this article?

Spark AR Studioで、他人の顔を自分の顔に被せてWeb会議に出席する

Zoom Hacking連載

①FaceRig/SnapCamera+VT-4で参加したZoomをOBS経由でRTMP配信するまで
②VMCをOBS VCでZoom〜バ美声をVACしたものを添えて〜
③Zoomで小技を出しつつも、こいつオタクなのかな?と思われたくない iVCam+DroidCamをOBS VCから流す方法
④Spark AR Studioで、他人の顔を自分の顔に被せてWeb会議に出席する
⑤Avatarifyで他人の顔を乗っ取り、web会議に出席する。

概要

昨今、Zoomを始めとするWeb会議システムの利用が増えており、それに関わる技術にも注目が集まっている
今回は、他人の顔の3Dモデルを、自分の顔に被せて会議に出席する方法を扱う。

Spark AR Studio

https://sparkar.facebook.com/ar-studio/download/
Downloadボタンを押します。インストールします。

Create NewでFace Decoration(メガネ)を選びます。
Screen Shot 2020-04-24 at 17.49.52.png

Screen Shot 2020-04-24 at 17.50.18.png
こんな画面が出てくるので、FileからImport From Computer...を選び(後述する)3d objファイルを選択します。
ImportしたobjをdragHereのところにdragするだけでほぼ完成です。

Screen Shot 2020-04-24 at 17.51.49.png

3Dモデルを持ってくる

objをはじめとする3dモデルファイルなら何でもよいのですが、sketchfabからbellus3dさんのサンプルを持ってきました。
前述のdragHereをしたら、右端のTransformationsで大きさを調整します。
Screen Shot 2020-04-24 at 17.59.31.png

OBSに表示する画面

OBS及びOBSVCについては過去記事ご覧ください。
CameraをBuilt-inかUSB webカメ等にすると、自分の顔にobjが上乗せされたstreaming動画が出てくるので、それをOBSで流します。
Screen Shot 2020-04-24 at 17.54.20.png

こんな感じになります。

応用で、静止画も、planeにmaterialを貼り付けるだけでできます。

口が動かないですが、とても簡単なのでぜひお試しください。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした