Edited at

【スライドショー】Markdownで書けるスライドショーアプリを作ってみた【PlayFramework】

More than 5 years have passed since last update.

https://github.com/takudo/md_slideshow

このあたりとか参考にしてます。

社内の勉強会用に、Markdown形式で書けるスライドショーアプリを作ってみました。

利用している技術は下記です。


サンプルの起動方法


  • PlayFramework 2.2.2 を入れて下さい。

  • アプリをclone して下さい


$ git clone https://github.com/takudo/md_slideshow.git


  • トップディレクトリにcdし、play runして下さい。


$ cd /path/to/md_slideshow
$ play run



  • http://localhost:9000/sample にアクセスすると、resources/sample.mdのテキストの内容がスライドショーで表示されます。


使い方


新規スライドショー


操作


  • キーボードの矢印キーでスライドを進めて下さい。


Markdownの文法


  • ---の前後を改行で区切ると、スライドの切れ目になります。

  • * で列挙すると、現在bulletsプラグインが入っているので矢印キーで1項目ずつ表示することができます。


今後の課題


  • bespoke.jsのスライドショーの形式(カルーセルとか)が選べない。

  • bespoke.jsのテーマが選べない。

  • その他諸々、bespoke.jsの設定が出来るように。

  • *.mdファイルの中に、HTMLをそのまま記載できない。

  • その他ご意見ありましたら真摯に受け止めます(笑)のでコメント下さい…