LoginSignup
56
51

More than 5 years have passed since last update.

【AWS】EC2スナップショットの手動復元手順

Posted at

前提

  • スナップショット取得済み

手順

1.AWSコンソールにログインする。

2.現状(復元前)のボリューム情報を確認する。

[サービス]⇒[EC2]⇒[ボリューム]⇒ボリュームを選択⇒[説明]タブ
サイズ、ボリュームタイプ、アベイラビリティゾーンの3つを確認する。
21.png

3.スナップショットからボリュームを作成する。

[サービス]⇒[EC2]⇒[スナップショット]⇒スナップショットを選択⇒[アクション]⇒[ボリュームの作成]
20.png

4.ボリュームの情報を入力し、[作成]する。

3.で確認した、サイズ、ボリュームタイプ、アベイラビリティゾーンと同じものにする。
08.png

5.ボリュームが作成されたことを確認する。

[サービス]⇒[EC2]⇒[ボリューム]
※状態が[available]になっていること。
09.png

6.インスタンスを停止する。([インスタンスの状態]が>stoppedになっていることを確認する。)

[サービス]⇒[EC2]⇒[インスタンス]⇒インスタンスを選択⇒[アクション]⇒[インスタンスの状態]⇒[停止]
10.png

7.ボリュームのデタッチをする。

[サービス]⇒[EC2]⇒[ボリューム]⇒ボリュームを選択⇒[アクション]⇒[ボリュームのデタッチ]
11.png

8.最終確認をし、問題がなければ[デタッチする]
12.png

9.デタッチされたか確認する。

[状態]が[available]、[アタッチ済み情報]が空欄であること。
13.png

10.アタッチするサーバーのルートデバイスを確認する。

[サービス]⇒[EC2]⇒[インスタンス]⇒インスタンスを選択⇒[説明]
device.png

11.スナップショットから作成したボリュームをアタッチする。

手順4.で作成したボリュームをアタッチする。
[サービス]⇒[ボリューム]⇒ボリュームの選択⇒[アクション]⇒[ボリュームのアタッチ]
14.png

12.アタッチするインスタンスとデバイスの設定をし、[アタッチ]する。

インスタンス:アタッチするサーバー
デバイス:手順⑩で確認したデバイス(例:/dev/sda1)
15.png

13.アタッチされたか確認する。

[サービス]⇒[EC2]⇒[ボリューム]
[状態]が[in use]になっていること。
17.png

14.インスタンスの起動

[サービス]⇒[EC2]⇒[インスタンス]⇒インスタンス選択⇒[アクション]⇒[インスタンスの状態]⇒[開始]
18.png

15.インスタンスの開始
[開始する]を押下する。
19.png

16.動作確認を行い、問題がなければ完了。

・サーバーにログインが可能か
・公開している機能(Webページ等)が正常か

56
51
1

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
  3. You can use dark theme
What you can do with signing up
56
51